FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 何かと物議を醸した日本対ポーランド戦についてフェイスブックで自身の感想を書いたら、様々なメッセージが寄せられた。鹿児島出身の元Jリーガー・前田浩二さんの「サッカーをする、観る、支える、それぞれの進歩になる試合」というコメントに考えさせられた。

(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」

 「する」側の象徴ともいうべき日本代表は、この後の決勝トーナメントで強豪ベルギーをあと一歩というところまで追い詰めた。残念ながら8強入りは逃したが、日本サッカーの新たな可能性を引き出した点でまた一歩成長したといえるだろう。
 「観る、支える側」にとっての進歩とは何だろうか? 様々な意見を発表し、意見を交わし合うことにその可能性があるのではないか。近年ネットやSNSによる批判、炎上はある種の社会問題化しており、ネガティブなイメージがあるが、今、筆者の中でこの文章を書く意欲のもとになっているのは、FBを通じた意見交換だった。
 感情的な批判を浴びせるのではなく、日本のサッカー界、スポーツ界の未来のために、微力ながら今の自分にできることをやろうと前向きな姿勢になれたのは前田さんをはじめ、真摯な意見を寄せてくれた人のおかげだ。そうやってサッカーやスポーツについて真剣に考えて、意見をしあう人が少しずつ増えて、知識が広がり、発想が刺激されることなどが積み重なって「観る」「支える」人たちの進歩へとつながるのではないだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2689-edc0bc6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック