FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球夏2018第7日
鶴丸、9回5点差跳ね返す!
180714-9_035
【2回戦・川辺―鶴丸】6回表川辺二死二塁、3番・塗木の左前適時打で三走・菊永証(右)が生還、3-4とする=県立鴨池

 第100回全国高校野球選手権記念鹿児島大会第7日は7月14日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で2回戦6試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第7日の結果報告はこの文字をクリック!
鶴丸―川辺戦はこの文字をクリック!
ラ・サール―鹿屋農戦はこの文字をクリック!
鹿児島―明桜館戦はこの文字をクリック!
薩南工―池田戦はこの文字をクリック!
徳之島―鶴翔戦はこの文字をクリック!
6校連合―吹上戦はこの文字をクリック!

※鶴丸―川辺戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※徳之島―鶴翔戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!


◇14日の結果
・2回戦(県立鴨池)
鶴丸 10-9 川辺
鹿屋農 5-2 ラ・サール
鹿児島 9-0 明桜館(7回コールド)
・2回戦(鴨池市民)
薩南工 4-2 池田
徳之島 11-0 鶴翔(5回コールド)
吹上 18-0 鹿児島東・開陽・特別支援・加世田常潤・市来農芸・串木野(5回コールド)

◇15日の試合
・2回戦(県立鴨池)
9:30 出水工―鹿屋
11:50 頴娃―指宿
14:10 加治木工―神村学園
・2回戦(鴨池市民)
9:30 伊集院―鹿児島玉龍
11:50 鹿児島水産―出水
14:10 樟南―曽於




夏への意気込み、野球で示す
徳之島(奄美新聞掲載)

180714-17_035
【2回戦・徳之島―鶴翔】1回裏徳之島無死一二塁、4番・太良優が走者一掃左越え三塁打を放つ=鴨池市民


 この夏への意気込みを野球で示した会心の勝利だった。12安打11得点と打ち勝ち、吉田公一監督は「この夏『やってやるぞ!』という気持ちが出ていた試合だった」と力強く振り返った。
 チームの勝ちパターンは「先を制す」(吉田監督)こと。先制点を挙げれば勢いに乗れることが、これまでの経験で染みついていたので、試合の入り方に徹底してこだわった。
 初回の守備を三者凡退で切り抜けると、その裏、1番・福田が左前打。盗塁を決め、2番・友野の右前適時打で早々と先制する。3番・盛勝も左前打。「前の3人が打ってつないでくれた」心意気に4番・太良優伸主将が応えないはずがない。左翼手の頭上を鋭いライナーで越えていく走者一掃の三塁打を放った。5番・廣は左前適時打、6番・米谷は左越え二塁打でつなぎ、怒涛の6連打で「先を制」してみせた。
 立ち上がりの出来が良すぎると、その後の展開が雑になることがあるが、その心配はいらなかった。良いプレーに浮かれることも、ミスで気落ちすることもなく「切り替えて次のプレーが大事!」という声が「選手たちから自然に出ていた」(吉田監督)。四回裏、先頭の3番・盛勝が出塁し、連続左飛で二死となったが、6番・米谷が中越え三塁打、8番・瀧が右越え二塁打でつなぐ。攻撃の手は最後まで緩むことはなかった。
 「昨夏、秋、この春、打てなくて勝てなかった」(太良優主将)悔しさが力の源だ。日頃の練習で常に実戦を想定し、低く鋭い打球を飛ばすことを意識してきた成果を初戦で発揮することができた。3回戦の相手は春の同じ3回戦で敗れた薩南工だが、太良優主将は「相手を意識せず、自分たちの野球をしっかりやりきる」と意気込みを語っていた。

「悪いなりに工夫していた」
徳之島・仁礼尚人投手(熱球譜・奄美新聞掲載)

180714-22_035

 12安打11得点の猛打に目が行きがちだが、五回まで被安打2、三塁を踏ませなかったエースの好投も光った。
 実は「あまり調子は良くなった」。調子のバロメーターである直球が走っていなかったが「調子が悪いなりに工夫して投げていた」と捕手・太良優伸主将。カーブをうまく使って丁寧に打たせてとる投球に徹した。
 五回表、最後の打者に投げた後、背中を打者に向け、帽子が落ちるほど勢いがついた。高めの直球で空振り三振。「調子が良いときは帽子が落ちて、打者に背中が向くんです」と笑う。締めくくりの1球でようやく納得いくボールが投げられた。
 大事な夏の初戦、自ら志願してマウンドに上がった。「薩南工戦の前に1度マウンドを経験しておきたかった」。春に苦杯をなめた薩南工への挑戦権を自らの投球で勝ち取った。
 初戦は打線がつながり、これ以上ない快勝だったが、いつも打線が打てるとは限らない。「どんな展開になっても、まずは自分がしっかり抑えてチームに流れを作りたい」と次戦に向けて意気上がっていた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2704-d29183c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック