FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球夏2018第11日
樟南・松本が20奪三振!
180718-13_035
【3回戦・樟南│鹿児島水産】20奪三振と好投した樟南のエース松本=県立鴨池

 第100回全国高校野球選手権記念鹿児島大会第11日は7月18日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で3回戦4試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第11日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿児島―鹿屋戦はこの文字をクリック!
指宿―加工戦はこの文字をクリック!
鹿玉龍―吹上戦はこの文字をクリック!
樟南―鹿水産戦はこの文字をクリック!

※鹿児島―鹿屋戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※樟南―鹿水産戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!


◇18日の結果
・3回戦(県立鴨池)
鹿児島玉龍 6-1 吹上
樟南 3-0 鹿児島水産
・3回戦(鴨池市民)
鹿児島 6-1 鹿屋
加治木工 5-0 指宿

◇19日の試合
・4回戦(県立鴨池)
10:00 鹿児島実―鹿児島城西
12:30 指宿商―武岡台
・4回戦(鴨池市民)
10:00 加治木―れいめい
12:30 鹿児島南―大島




謙虚に学ぶ姿勢を大事に
鹿児島・久保田剛瑠捕手(熱球譜)

180718-1_035.jpg

 昨夏準優勝の立役者の1人・上之薗太雅主将が約1カ月前の宮崎遠征で右ひじを故障して以降、スタメンでマスクをかぶる。今大会が初の公式戦であり、2試合目のスタメン出場だったが好リードと打撃でチームの勝利に貢献した。上之薗大悟監督は「2番手の選手たちの必死さ、がむしゃらさが良い方向に出ている」と評した。
 一死満塁で迎えた最初の打席。日頃の練習から「ボールを長く見る」意識を植え付けるためにバスター打法に取り組んでおり、「練習通りの打撃」で中前に先制の2点適時打を放った=写真=。八回の先頭打者では右前打を放ち、後逸する間に三塁まで進み、犠飛で5点目のホームを踏んでいる。
 エース松永遥平をはじめ昨夏を経験した3年生たちを扇の要でリードするのはプレッシャーも大きいが「謙虚に学ぶ姿勢を大事にしている。学ぶことが多くて楽しい」と感じる。
180718-9_035
 「前はワンバウンドのボールが捕れなかったけど練習して捕れるようになった」と松永。おかげで安心してキレのある変化球を投げられるようになった。ベンチでは「回が終わるごとに太雅にアドバイスを求めて勉強している」(松永)姿があった。
 回を追うごとにバッテリーの息が合って、テンポ良く抑えられるようになった。六回は相手の4番に外角を要求したのが内に入ってしまって適時打を浴びたが、八回、同じ打者と対戦した時は「一塁に走者がいたら内野ゴロを打たせる」チームの約束事の通りの配球で遊ゴロに打ち取った。
 マスクをかぶったばかりの頃は「やることが多過ぎて1試合持たなかった」と苦笑する。今では「安心して休んでいられる」と太雅主将が太鼓判を押すほどの成長ぶりを見せている。「本当は太雅さんがマスクをかぶって、僕がそれを支えるのが理想」だが、それが可能になるまで何としても負けずに勝ち進むと意欲を燃やしていた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2710-fc323553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック