FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球夏2018第14日
鹿実、競り勝つ!
鹿屋農―鹿児島戦は雨天ノーゲーム

180721-2_035
【準々決勝・鹿児島実│指宿商】3回裏鹿実二死二塁、4番・西が先制の中前適時打を放つ

 第100回全国高校野球選手権記念鹿児島大会第14日は7月21日、鹿児島市の県立鴨池球場で準々決勝2試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第14日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿実―指商戦はこの文字をクリック!

※鹿実―指商戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※鹿屋農―鹿児島戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!


◇21日の結果
・準々決勝(県立鴨池)
鹿児島実 1-0 指宿商

◇22日の試合
・準々決勝(県立鴨池)
9:30 鹿児島南―加治木
11:50 樟南―鹿屋中央
14:10 鹿屋農―鹿児島




3年生の努力、後輩に希望
指宿商

180721-5_035
 45年ぶりの8強入りを果たした指宿商が最後まで第1シード鹿児島実と対等に渡り合った。牙城を崩すことはできなかったが内村文彦監督は「守備で粘って最後まで試合を作ってくれた」と選手たちの頑張りをたたえた。
180721-4_035
 4回戦まで3試合を1人で投げ抜き、4回戦では延長12回まで武岡台打線を無失点で抑えたエース上川路が鹿実打線を相手に一歩も引かない好投だった。8回中6回先頭打者を出したが、過去3試合いずれも接戦を勝ち抜いてきて「好投手と勝負が続いて我慢強くなった」(内村監督)守備陣が粘り強く守り抜いた。攻撃では鹿実の好右腕・吉村をバント失敗などでなかなか攻略できなかったが、5回には二死二塁のチャンスで1番・坂元がレフト前ヒットを放った。二走・中薗主将がホームを狙ったが好返球に阻まれ=写真=、得点まであと一歩届かなかった。
 昨秋は薩南工、今春は鹿児島情報、いずれも初戦でコールド負け、得点もとれなかったチームが最後の夏に花開いた。「どんな時でも3年生を中心に子供たちが努力し続けた結果」と内村監督。「後輩たちにも希望を与える戦いができた」と力強く結んでいた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2715-2f2f66df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック