FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球夏2018第16日
決勝は鹿実VS鹿屋中央
鹿屋中央、連続完封で4年ぶり決勝へ

180724ー10_035
【準決勝・鹿児島実―鹿屋農】4回表鹿実二死二塁、3番・中島の右前適時打で二走・西畑が生還、4-1とする
180724ー17_035
【準決勝・鹿屋中央―鹿児島南】好投した鹿屋中央の先発・福地

 第100回全国高校野球選手権記念鹿児島大会第16日は7月24日、鹿児島市の県立鴨池球場で準決勝2試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第16日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿実―鹿屋農戦はこの文字をクリック!
鹿屋中央―鹿屋農戦はこの文字をクリック!

※鹿実―鹿屋農戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※鹿屋中央―鹿南戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!


◇24日の結果
・準決勝(県立鴨池)
鹿児島実 13-2 鹿屋農(6回コールド)
鹿屋中央 2-0 鹿児島南

◇25日の試合
・決勝(県立鴨池)
13:05 鹿児島実―鹿屋中央




完封リレーで4年ぶり夏決勝
鹿屋中央

180724ー21_035

 先発の福地玲夢、リリーフの向井翔太郎主将、右腕2人の完封リレーで、鹿屋中央は初の甲子園をつかんだ14年以来4年ぶりとなる決勝に勝ち進んだ。
 先発を託された2年生・福地は「自分が抑える!」強い気持ちでマウンドに上がった。エラーも絡んで一死一二塁で4番・嶽川を迎える大きなヤマ場が初回にあった。ボールが甘くなればスタンドに運ぶだけの力は十分にある主砲に対して、強気で内角を攻め、見逃し三振。「自分の一番自信のある」直球で要注意打者を打ち取ると、続く5番・久保も空振り三振で打ち取ってヤマ場を乗り越えた。
 「三振をとればチームも乗るので狙っている」と七回まで7三振を奪った。練習試合を数多くこなす中で磨いた、自分の有利なカウントを作って仕留める投球術を存分に発揮。五回には自らスクイズを決めて先制点を挙げて=写真=おり「代えるタイミングが見つからない最高の投球をしてくれた」と山本信也監督も2年生右腕の力投を勝因の一つに挙げた。
180724ー27_035
 貴重な追加点を挙げた直後の八回裏、一死一三塁のピンチで再び嶽川を迎えたところで、準々決勝で樟南を完封した向井主将=写真=にスイッチ。「福地の気持ちを引き継いだ」と今度も嶽川を空振り三振で打ち取った。福地は内角直球見逃しだったが、向井主将は徹底して外角の厳しいコースを突き、最後は完全なボール球のスライダーで空振りをとった。「データ班がとってくれた相手の特徴がしっかり頭に入っていた」と会心の投球を振り返った。
 「このチームで決勝に行けるとは思っていなかった」と山本監督。打力はあるが投手力、守備力に課題があった中、樟南戦を完封勝ちできたことを自信に変えた。準決勝も、樟南戦同様、少ない好機をものにして挙げた得点を、投手陣を中心に守り抜くことができた。四年ぶりの決勝は「死に物狂いでやるだけ」だ。向井主将は「最後は気持ちの強い方が勝つ」と覚悟を秘めた。

甘い球をフルスイング!
チームを勢いづけた本塁打
鹿児島実・山下馨矢中堅手(熱球譜)

180724ー8_035
 1番打者の仕事は「出塁すること」に加えて「チームを勢いづけること」。四回二死から右翼席にソロアーチを放った。「あれで気持ちが楽になり、全員が乗ることができた」(宮下正一監督)値千金の一打だった。
 準々決勝まで4試合のチーム打率は2割9分8厘と3割に届いていなかった。エース吉村を中心に堅実に勝ち上がってはいたが、3回戦の出水中央、4回戦の鹿児島城西、好投手に対する対策に気持ちが行き過ぎて「全体的に小さくなっていた」(宮下監督)。準々決勝・指宿商戦は再三好機を作りながらわずか1点しか取れなかった。
 練習のフリー打撃では「すごい力を持っている」と指揮官が驚くほどの打球を全員が飛ばすのに、試合の打席ではそれが発揮できていない。
 「日ごろの練習で、どのチームも負けないくらい振ってきたことを信じて、甘いボールはフルスイングする」
 強い決意で打席に立った。四回は二死無走者だったから「まずは出塁すること」を心掛け、1ボールから2球目「甘い球が来たので迷わずフルスイング」したら思った以上にボールが伸びて右翼席に消えた。この一打でチームも勢いづき、六回に打者13人で7得点を挙げるなど、終わってみれば16安打13得点と大会終盤に来てようやく本来の鹿実らしい強打で打ち勝つことができた。
 2年ぶりの決勝戦で3年ぶりの甲子園がかかる。「まずは自分が塁に出てチームを勢いづけたい」。やるべきことは今までと何も変わらない。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2719-faffcc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック