FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球秋2018第9日
武岡台、神村、川内、シード勢順当に8強へ
181002-4鹿情報5点目_035
【4回戦・徳之島―武岡台】2回裏鹿情報二死二塁、3番・遠山の左前適時打で二走・長井が生還、5-1とする=県立鴨池

 第143回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第9日は10月2日、鹿児島市の県立鴨池、日置市の伊集院、両球場で4回戦4試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第9日の結果報告はこの文字をクリック!
武岡台―曽於戦はこの文字をクリック!
徳之島―鹿情報戦はこの文字をクリック!
鹿中央―神村戦はこの文字をクリック!
川内―志布志戦はこの文字をクリック!

◇2日の結果
・4回戦(県立鴨池)
武岡台 9-5 曽於
鹿児島情報 12-5 徳之島(8回コールド)
・4回戦(伊集院)
神村学園 8-1 鹿児島中央(8回コールド)
川内 7-2 志布志

◇3日の試合
・4回戦(県立鴨池)
10:00 尚志館―枕崎
12:30 加治木工―鹿屋中央
・4回戦(伊集院)
10:00 鹿児島―鹿児島商
12:30 鹿児島実―鹿児島城西




攻守に精彩欠く
「戦う軸」を作らねば!
徳之島

181002-1徳之島1点目_035
【4回戦・徳之島―鹿児島情報】2回表徳之島一死一三塁、7番・若山がセーフティースクイズを決め1点を返す=県立鴨池


 徳之島は攻守に精彩を欠き、無念のコールド負けだった。
181002-5徳之島3点目_035
 過去2戦と違って、先制されてから追いかける展開。それも「想定済み」(吉田公一監督)ではあった。二回で4点差だが「粘って終盤勝負」のゲームプランに切り替える。四回表は簡単に二死となってから、エラー、四球を足掛かりに2番・太良=写真=、3番・元田、1年生2人の連打で3点を返し1点差に詰め寄った。
 流れを引き戻したはずだったが、その裏、連続四球を足掛かりに犠飛、中軸の連打で4失点。追い上げた直後の痛い失点だった。「一つの流れを食い止められなかった。投手の交代時期を間違えた采配ミス」と吉田監督は敗因を背負った。
 八回裏は簡単に二死取りながら押出し、エラーでコールド負け。吉田監督が日々戒める「甘さが厳しさにつながる」の言葉通り、攻守の不用意なミスが自分たちの得点につながらず、相手に流れを渡した悔しい敗戦だった。
 来春、そして夏に向けた課題は「投手を中心に戦う軸を作ること」だと吉田監督は言う。本来のエース候補が右膝の手術明けで起用できず、肩の強さを買ってエース番号を託した實も故障で投げられなかった。投手経験のある宮、瀧を軸にして今大会3試合戦えたことは「良い経験ができた」(吉田監督)。持ち味の攻撃力を生かすためにも、失点はなるたけ少ないに越したことはない。悔しい敗戦の敗因の裏返しに、勝因につながるヒントが数多く隠されている。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/03(水) 15:27:54 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
失礼しました。訂正しておきました。
2018/10/03(水) 17:36:52 | URL | NPO法人スポーツかごしま新聞社 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2784-4d71509f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック