FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球秋2018第13日
鹿屋中央、延長12回サヨナラ勝ち!
神村が逆転勝利

181007-16鹿屋中央9点目_035
【準決勝・鹿児島情報―鹿屋中央】延長12回裏鹿屋中央一死一二塁、4番・柊木野の右前適時打で二走・神田磨が生還、サヨナラ勝ちを決める=県立鴨池
181007-29神村5点目・田中大二塁打_035
【準決勝・鹿児島城西―神村学園】6回裏神村学園一死一二塁、6番・田中大が左越え二塁打を放ち、5-4と逆転する=県立鴨池

 第143回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第13日は10月7日、鹿児島市の県立鴨池球場で準決勝2試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第13日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿情報―鹿屋中央戦はこの文字をクリック!
鹿城西―神村戦はこの文字をクリック! 

◇7日の結果
・準決勝(県立鴨池)
鹿屋中央 9-8 鹿児島情報(延長12回)
神村学園 6-5 鹿児島城西

◇9日の試合
・決勝(県立鴨池)
13:00 鹿屋中央―神村学園




「野球は1人でやるものじゃない!」
神村学園

181007-18神村・中川_035
 「野球は1人でやるものじゃない!」
 三回表、鹿児島城西に4点を先取された直後のベンチで神村学園・小田大介監督は1年生エース中川武海=写真=に雷を落とした。連続本塁打で自分を見失い4四死球。点を取られたことに対してではなく、1人で何とかしようと空回りしていたからだ。「うちの野手が信頼できないなら、いつでも代えるぞ!」。小田監督の言葉が中川は胸に響いた。
 「何点取られても、俺たちが取り返してやる!」
 2年生の先輩たちの言葉で目が覚めた。三回裏、先頭の2年生、8番・田中天がお返しのソロを左翼席に叩き込み、同じく2年生の3番・森口が中前適時打を放った。「有言実行」してみせた先輩たちの姿に、中川は「バックを信じて投げる」気持ちにスイッチが切り替わる。四―六回を3者凡退で打ち取って、立ち直った。
 鹿城西のエース小峯は大会屈指の右腕。「待っていても打てる球は来ない。打てると思った球を積極的に打て」。小田監督が指示した攻略のポイントだった。その通りの集中打が六回に生まれた。3番・森口から4連打。勝ち越しの左越え二塁打を放った6番・田中大陸は「自分が何とか打って返すと強い気持ちで打席に立ち、甘い球を積極的に打った」と振り返った。
181007-32神村勝利_035
 九回表二死満塁から押し出しで1点差に詰め寄られる。最後は二死から左翼に回った中川のところに低いライナーの打球が来る。落ちていれば間違いなく逆転になっていた打球を、地面スレスレですくい上げ、ウイニングボールにした。「仲間に守ってもらった分、自分も守ると必死でした」と中川。新チームの信条・チーム力でつかんだ価値ある九州大会出場だった。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2792-c1990d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック