FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
第98回花園予選第2日(奄美新聞掲載)
大島、8強へ
奄美は初戦で涙

181026大島06_035

 第98回全国高校ラグビー選手権鹿児島県予選第2日は26日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場で2回戦4試合がった。
 奄美勢は大島が鹿児島を40―5で下し、8強入りを決めた。奄美は加治木工に0―93で敗れ、初戦で涙をのんだ。
 第3日は30日、同会場で準々決勝4試合がある。大島はシード鹿児島実と対戦する。


=奄美関係成績
◇2回戦
大 島 40-5 鹿児島
  (19-0、21-5)
奄  美 0-93 加治木工
  (0-46、0-47)




「団結力」発揮できず
大島

181026大島03_035
【2回戦・鹿児島―大島】前半5分、大島はWTB信岡が先制トライ、キックも決まって7―0とする=県立サッカー・ラグビー場


 大島は今大会2勝目を挙げ、目標に掲げた王者・鹿児島実への挑戦権を得たが「発足当初からの課題だったが声を出すことが徹底できず、課題を克服できなかった」と前田奨主将は悔しがった。
 60分間、ほぼ相手陣でプレーしたが、攻めながらのノックオン、スローフォワードなどのハンドリングミスなどが相次ぎ、思うように得点を重ねられなかった。「ボールを動かし過ぎた」と冨岡剛監督。本来ならFWがもっと縦を突いてコンタクトプレーで勝負しなければいけないところが、パスに頼りすぎて安易に展開したところで、ミスが続いた。
 個々の能力が決して高くない分「チーム一丸となった団結力」(前田主将)が最大の武器だが、それを発揮することができなかった。「昨年の先輩たちが鹿実に負けて『鹿実に一矢報いる』ことを目標に掲げたけど、こんなラグビーじゃ、そんなことをいうのがおこがましい!」とSO冨岡航大は危機感を募らせていた。
181026大島07_035
 今年は例年より多い9人の3年生が花園まで残った。夏合宿に参加できず、練習量も足りていないが、後半は前半の反省を修正し、FWが積極的に縦を突いて2つのトライにつなげたシーンもあった。30日に予定されている鹿実戦まで残された時間は少ないが、前田主将は「もう一度、練習で課題を見つめ直し、今度こそ団結して鹿実に一死報いたい」と決意を固めていた。

スポンサーサイト

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
「今年は例年より多い9人の3年生が花園まで残った。」
 他県では3年生も冬まで続けることが多いようで,進学校で3年生を抱えて花園出場しているチームも少なくありません.大高にも頑張って欲しいです.
2018/10/27(土) 09:34:31 | URL | シラサカ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ラグビーへの想いは熱いですね。周囲が「受験モード」に切り替える中、部活を続けるのは想像以上に難しいのだろうと、同じような学校にいたので想像できますが、そこを乗り越えることに価値を見出して欲しいものです。
2018/10/28(日) 08:06:41 | URL | つかさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2815-d02dd491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック