FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2018-19ファーストステージ第6節
レブナイズ、善戦も勝利遠く



 男子プロバスケットボールのB3リーグは11月3日、ファーストステージ(FS)第6節第2日が3試合あった。鹿児島レブナイズは東京・板橋区立東板橋体育館で東京エクセレンスと対戦。終盤追い上げるも80―89で敗れ、4連敗となった。

◇第6節
レブナイズ 80-89 東京EX
(19-23、19-22、17-30、25-14)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



 立ち上がりから粘り強く食らいつくもリードされ、第3クオーターでは20点差がついた。第4クオーター開始早々、川上の3ポイントを皮切りに山田の連続シュートなど5連続得点で一気に10点差に詰めた。その後は一進一退の攻防が続いたが9点差で及ばなかった。
 レブナイズのFS通算成績は1勝9敗で7チーム中最下位。第7節は10、11日にあり、レブナイズはいちき串木野市の総合体育館で大塚商会越谷アルファーズと対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ
 確実に自分たちが前に進んでいることは感じている。強い東京EXに最後まであきらめず向かっていったところは、レブナイズらしさが出てきた。リバンドの差が16本あるにも関わらずゲームを組み立てられたのは、他のところでは負けていないということ。選手たちがもっともっと成長できるよう持っていきたい。

 福田惟吹 相手の外国籍選手を4番ポジションの日本人がどれだけ止めることができるかが毎回課題の中で、きのうよりは相手の外国籍選手を抑えられた。しかし最後、日本人だけの時間帯で一桁まで追い上げた時、もっとルーキーの自分が積極的にプレーできていれば逆転できたかもしれない。限られた時間の中で質の高い練習をして、次の試合に向けて自分がやれることを頑張りたい。

スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2825-7f578314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック