FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2018-19レギュラーシーズン第2節
レブナイズ、逆転勝利で4連勝!



 男子プロバスケットボールのB3リーグは11月25日、レギュラーシーズン(RS)第2節最終日が全国各地で4試合があった。鹿児島レブナイズは岐阜県関市のせきしんふれ愛アリーナで岐阜スゥープスと対戦。76―63で勝利し、連勝を4に伸ばした。


◇RS第2節
レブナイズ 76-63 岐阜
(11-26、24-16、20-12、21-9)


※試合の詳細はスポーツナビのサイトで!

(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」


 前日と逆に立ち上がりが重く、第1クオーターで11―26と15点差つけられた。第2クオーターでウオーレン、ボイキンの両外国籍選手の踏ん張りなどで、35―42の7点差で前半を折り返す。第3クオーター、川上、松崎、林の3連続3ポイントで点差を詰め、残り36秒の山田のシュートで同点。残り3秒で川上がフリースローを決め逆転に成功した。第4クオーターも終盤まで一進一退の攻防だったが、残り2分間をノーゴールに抑える気迫の守備をみせ、最後は13点差で勝利した。
 レブナイズのRSの通算成績は4勝0敗。FSと合わせた通算成績は5勝11敗。第3節は12月1、2日、アウエーで岩手ビッグブルズと対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ
 苦しい展開に見えたかもしれないが、我慢することや色々なバスケットのことが身についていたので、今日はいけるという感触を持って戦っていた。勝負はどちらに転ぶか分からないので、考え抜いた采配のつもりだったが、それぞれがそれぞれの仕事をしてくれたおかげでこの結果となった。しかしB3のトップチームと戦うにはまだまだ力が足りていないので、この戦力を引き上げて戦えるようにするのが今後の課題だ。

 山田安斗夢 ゲームの出だしが重く、岐阜のシュートが良く入り苦しい展開ではあったが、ここぞという時にみんなが思いっきりシュートを打って決めてくれたことが結果的に流れを引き寄せ、きょうの勝利と4連勝に繋がったと思う。次もアウエー戦なので、勝てるようにしっかり準備していきたい。

スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2850-844521aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック