FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
FIDバスケットの九州合宿
九州から日本代表を!
知的障がいバスケットの九州合宿
鹿児島からも女子4選手が参加

181125九州合宿01_035
 九州地区の知的障がい者(FID)バスケットボールの普及、強化を目指した合宿が11月24、25日の両日、鹿児島市であった。福岡、大分、長崎、鹿児島から男子12人、女子8人の選手、12人のスタッフが参加し、競技レベルの向上を目指して汗を流した。




181125九州合宿02_035
 FIDバスケットは東京、横浜、愛知などで歴史があり、特別支援学校に部活動があるなど競技レベルも高い。九州では福岡、大分が先進県で代表選手も多数輩出しているが「九州全体からも日本代表選手を出してレベルアップを目指そう」と鹿児島バルダーズ監督で日本代表コーチの経験もある山元晃一氏の呼びかけで、昨年からスタートした。2回目となる今回は、24日にハートピアかごしま体育館、25日に郡山市体育館で開催。初日はハーフコートを使ったピック&ロール、スクリーンプレーなど複数人数で取り組む連係プレーなどにもチャレンジした。25日の午後は練習ゲームを数多くこなした。
181125九州合宿07_035
 FIDバスケットでは他人とのコミュニケーションを苦手にしている選手も多いが「日本代表で当たり前にやっている練習」(山元コーチ)を取り入れることで、選手の意識向上を目指した。女子は競技人口も少なく、普及に重点を置いた基礎的なメニューが中心だったが「ふわっとしたボールのパスは上では通用しない」と前田小百合コーチ。地面と平行に強いパスを出し、しっかり受け取ることや名前を呼んでコミュニケーションを捕ることなどを徹底した。
181125九州合宿09_035
 鹿児島からはバルダーズ女子4選手が参加。兒島悠莉は「県外の選手はチームで守る守備がうまかった」と話す。「自分のポジションはセンターなのでもっとリバウンドやシュートがうまくなりたい」と思うようになった。奄美から参加した藤みつきは「他の県の選手と一緒に練習できて刺激になった」と感想。バルダーズ女子が立ち上がった2年前の2月から本格的にバスケットに取り組み、シュートやドリブルなどが少しずつうまくなっているのを感じている。2年後には鹿児島で全国障害者スポーツ大会があり「この仲間と優勝を目指す」と夢を語っていた。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2860-f5f52f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック