FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2018-19レギュラーシーズン第8節
猛追及ばず9連敗



 男子プロバスケットボールのB3リーグは1月5日、レギュラーシーズン(RS)第8節第1日の5試合が全国各地あった。鹿児島レブナイズは水戸市の青柳公園市民体育館で大塚商会越谷アルファーズと対戦。83―97で敗れ9連敗となった。

◇第8節
レブナイズ 83-97 大塚商会
(23-26、13-26、22-29、25-16)


※成績の詳細はこの文字をクリック!



 2位・大塚商会を相手に立ち上がり、山田の連続シュートなどで先手を取り、第1クオーターは残り1分までリードしていた。第2クオーターでシュートが入らず、36―52と16点差で前半を折り返す。第3クオーターも点差がひらき、第4クオーターで林、玉田の3ポイントなどで猛追をみせたが、点差を覆せなかった。
 レブナイズのRSの通算成績は6勝9敗。FSと合わせた通算成績は7勝20敗。最終日は6日、同会場で大塚商会と対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ 
確実に前進している。点数を決められてもあきらめない姿勢も出てきている。あとは外国籍選手も日本人選手も関係なくチームとして動くことを皆が理解して、日本人も堂々と外国籍選手と渡り合って知恵を絞って守って、そういったバスケットを構築していきたい。必ず前に進めると信じている。

 林亮太 相手の外国籍選手に強烈なリバウンドの後のシュート、ゾーンディフェンスをインサイドで崩されてしまった。あすは日本人選手がもっと体を使ってインサイドを守らないといけない。オフェンス面では外国籍選手だけに頼らず日本人選手がもっと主役になれるようなバスケットをして、次に繋がるゲームにしたい。

スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2889-319ac2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック