FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2018-19レギュラーシーズン第8節
30点差で大敗
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグは1月6日、レギュラーシーズン(RS)第8節最終日の5試合が全国各地あった。鹿児島レブナイズは水戸市の青柳公園市民体育館で大塚商会越谷アルファーズと対戦。72―112で敗れ10連敗となった。

◇第8節
レブナイズ 72-112 大塚商会
(24-32、11-31、17-25、20-24)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



 立ち上がりから大塚商会の猛攻を止められず、前半で35―63とダブルスコアに近い差をつけられる。後半も点差は縮まらず、30点差で大敗した。
 レブナイズのRSの通算成績は6勝10敗。FSと合わせた通算成績は7勝21敗。第9節は12、13日、鹿児島市の鹿児島アリーナで埼玉ブロンコスと対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ
 強い相手に2連敗。付け入るスキはあったが、相手の心を揺さぶって攻めていくまでにこちらが至らなかった。精一杯やっている選手たちを引き上げて、その差を埋める知恵とか戦術を授けてやれないことが非常に悔しい。レブナイズらしさをもう一度考えて、選手たちと向かい合って次のホーム戦に臨みたい。

 福田惟吹 2日間、納得のいく内容ではなかった。僕もチーム全員も気持ちで負けてしまっていた。気持ちがアグレッシブではなかった。来週からホーム3連戦となるので、応援してくれている人たちにこんなところを見せられないので、ます気持ちの部分を整理してこの1週間準備していきたい。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2890-3e28ecd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック