FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2018-19レギュラーシーズン第17節
粘り及ばず連勝ならず
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグは3月10日、レギュラーシーズン(RS)第17節最終日の5試合が全国各地であった。鹿児島レブナイズは春日部市の総合体育館で埼玉ブロンコスと対戦。76―86で敗れ、前日に続く連勝はできなかった。

◇第17節
レブナイズ 76-86 埼玉
(16-20、20-24、19-21、21-21)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!

(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」


 立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、相手の決定力が上回り、前半を36―44と8点ビハインドで折り返す。第3クオーターではボイキンがシュートを決めつつファールをもらう3点プレーが2度出るなどで、51―54と3点差まで詰め寄ったが、再び離された。その後も何度か1桁点差まで迫ることはできたが、最後は10点差で敗れた。
 レブナイズのRSの通算成績は12勝22敗で10チーム中7位。FSと合わせた通算成績は13勝33敗。第18節は16、17日、鹿児島市の鹿児島アリーナで東京海上日動ビッグブルーと対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ
 福田、川上がスタートと色を変えてゲームを組み立てた。インサイドの大きな外国籍選手たちと福田、赤塚がわたり合える時間帯が長くなってきている。確実にいい所が出てきている。決定率の差で敗れはしたが、下を向かずに前を向いていくしかない。前進していることは確かなので、次節に向けてしっかり準備したい。

 福田惟吹 よく知っている相手のウォーレン選手の得点を僕がどれだけ抑えられるかが大事だった。思っていたよりは抑えられたが、試合を通して外のシュートを簡単に打たれてしまっていた。きょうの反省を生かし、次のホーム戦では必ず2連勝をお届けできるよう気合いいれて頑張っていきたい。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2962-2cc51884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック