FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2018-19レギュラーシーズン第18節
接戦を制す
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグは3月16日、レギュラーシーズン(RS)第18節第1日の5試合が全国各地であった。鹿児島レブナイズは鹿児島市の鹿児島アリーナで東京海上日動ビッグブルーと対戦。96―90で競り勝った。


◇第18節
レブナイズ 96-90 東京海上
(24-30、25-18、28-13、19-29)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



 第1クオーターは6点差をつけられたが、第2クオーターで永山の連続3ポイントなどで逆転に成功。その後も一進一退の攻防が続き、前半は49―48の1点差で折り返す。第3クオーターはボイキン、玉田、川上らの得点で一気に突き放し17点差。第4クオーターは相手の猛追に苦しむも6点差で逃げ切った。
 レブナイズのRSの通算成績は13勝22敗で10チーム中7位。FSと合わせた通算成績は14勝33敗。最終日は17日、同会場で東京海上と対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ 
相手の良いところが最大限に出たゲーム。ファールトラブルなど不安もあった中、それぞれが個性を出してくれた。点数だけではなく、良く勝ち切ったこと、相手の良さを跳ね返せたことは快勝と言えるのではないか。

 永山雄太 館山不在の中、誰かが点を取らないといけない状況だったので、自分が引っ張っていこうと強い気持ちで臨んだことが結果に繋がった。勝ち切れたことは次に繋がると思う。あすは東京海上日動がB3最後の試合なので、まずは気持ちで絶対に負けないで、勝って感謝の気持ちを伝えたい。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
こんにちは

いつも記事を興味深く拝読しています.
特に今回の大学時代のお話は意外でした.宗教音楽を歌っていらっしちゃったとは.
素敵です.

最近よく,スポーツ選手も自分の専門種目のことだけでなく,いろいろなもの(芸術,文化,社会の動向など)に触れ考えるtことによって,視野が広がり,人としての幅と厚みが増す...

と指導者が,そういう点を視点を持たないといけないのではと思います,

最近目にした記事にも,大学生のスポーツ選手が,授業を軽んじている,,,とか
あるスポーツ選手のインタビューはつまらないと外国人記者が早々に席を立ってしまう,,,,というようなものがあり,私も一指導者として考えさせられています.

勝手に私見を申し上げました,すみません,

話は変わって,昨日のレブナイズの試合,試合前とハーフタイムに国体ダンスを踊りに伺いました.お恥ずかしながら,初めて試合会場に足を運びましたので,これか身近に感じながら記事を拝読できると思いまうす.

.また,大学時代,高岡のホーム生だった原田くんが審判を勤めており,彼は,確か卒論も審判のことを書いたのではなかったかと懐かしく思い出しました,学生時代からプロの審判ができるようになりたいと言っていたので感慨深いものがありました.きっと高岡も喜んでいると思います.

時節柄ご自愛くださいませ.
2019/03/17(日) 17:36:03 | URL | 高岡綾子 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いつも心のこもったメッセージをありがとうございます。学生時代に宗教音楽をやったのは、自分の意志ではなく、入学式の日に勧誘してくれた先輩のお姉さんが美人だったという不純な動機でした(爆)。とはいえ4年間、自分の中に異分野の取り組みをしたことはいろんな意味で人生に幅を持たせてくれたと思っています。レブナイズ、身近に感じていただいて嬉しいです。入り口はバスケットでなくても、いろんなきっかけでこのチームとその活動に興味関心を持ってくださる方が1人でも増えてくれることが今後のこの活動の成否を分けるといっても過言ではありません。
2019/03/20(水) 06:26:59 | URL | つかさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2968-118d093c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック