FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先日の日曜日、知人のF社長が企画したサイクリングに参加した。早朝、鹿児島市内を出発し、国道3号線を北上し、郡山、入来、東郷、藤川天神、阿久根を経由して黒之瀬戸大橋を目指す。走行距離100キロ以上の長丁場だった。



 車で何度か通ったことのある場所も、自転車だと格別な味わいがある。上り坂のきつさは人生の縮図を見るようだった。登り切った後に感じる風の心地良さは格別だった。黒之瀬戸は日本三大急潮の一つで、万葉集で詠まれた南限の地。展望台には「隼人の瀬戸の巌も鮎走る 吉野の滝になほしかずけり」(大伴旅人)「隼人の薩摩の瀬戸を雲居なす 遠くも我は今日見つるかも」(長田王)の2首の歌碑があった。天気も良く、古の歌人も眺めた瀬戸の眺望は絶景だった。
 帰路は阿久根駅から自転車を解体して輪行バッグに詰めて肥薩おれんじ鉄道、JRに乗った。勝手が分からず苦労したが同行したS先生がサポートしてくれたおかげでスムーズにできた。
 当初は宮崎に行ってチキン南蛮を食べる予定だったが、先日の地震の影響を考え変更になった。余震でJRがストップすれば帰路に重大な支障をきたす。F社長は初心者の筆者も含む6人で安全に、楽しめるために、起こりうることをいくつも想定し、事前に綿密な計画を立て、実際に走りながら修正も加え、全員が達成感を得ることができた。こちらは人生の成功の縮図だと思った。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3063-226ae626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック