FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
19年度県中学生バスケット選手権
池田、V3・男子
れいめいは5連覇達成・女子

190522中学バスケ01

190522中学バスケ02
 2019年度鹿児島県中学生バスケットボール選手権大会は5月18-22日、姶良市の蒲生総合体育館などで熱戦が繰り広げられた。
 男子決勝は池田と重富が対戦。76-51で勝利し3連覇を勝ち取った。女子はれいめいが緑丘に86-46の40点差をつけ、5連覇を達成した。


※成績は県協会Facebook参照



◇男子決勝
池  田 76-51 重  富
(17-9、22-11、14-18、23-13)

内容にもこだわれ!
池田

190522中学バスケ10
 順当に勝ち上がり3連覇、新人戦に続く2冠を達成した池田だが、井上鈴之助主将は「優勝は嬉しいけれども内容が悪かった」と反省しきりだった。
 1月の新人戦の頃から比べれば、格段に成長しているのは間違いない。有村、上村、井上主将を中心とするリバウンドは強力さが増し、鋭いドライブを決める冨松、シュート力のある羽牟らが得点を重ねる。決勝の重富戦は立ち上がりの攻防も守備からリズムを作り、第2クオーターで一気に抜け出して点差をつけた。
190522中学バスケ06
 ただ危なげない試合の中にもボックスアウトを怠ったり、リバウンドやルーズボールへの必死さが足りなかったり「自分たちのやるべきことを怠る」(日浅喜美子監督)時間帯があった。第3クオーターで追い上げられた時間帯はまさにそんなプレーが目立った。
 「自分のプレーを自己採点するとどのぐらいか?」
 試合後、日浅監督が選手に問う。「70点」「60点」という選手もいれば「30点」の選手もいる。「いつも100点出し切る気持ちでいなくて、どうして県外で勝てるのか?」と更に問いかけた。県内ではこの3年間、公式戦で負けていない。ただ九州を突破し、全国に出る目標は未だ叶えられていない。九州新人では女子のれいめいが30年ぶりに九州の頂点に立っており「男子も負けていられない」(日浅監督)と飽くなき向上心がある。
 大型連休中の鹿児島CUPでは九州新人初戦で敗れた中村三陽に勝利し、大会を制した。結果を出したことによる気持ちの緩みが、今大会を通じて所々であったことが夏への反省に残った。井上主将は「最後まで足を動かし、オールコートで当たれる体力をつけ、全国出場まで満足することなくシビアに追い込んでいきたい」と気持ちを引き締めていた。

◇女子決勝
れいめい 86-46 緑  丘
(18-14、23-11、21-4、24-17)

190522中学バスケ15

190522中学バスケ13

「負けたくない」気持ち
緑丘

190522中学バスケ25
 九州王者・れいめいに40点差はつけられたが、坂元辰哉監督は「何もできず、何の抵抗もできなかった新人戦に比べれば、最後まで戦うことはできた」と振り返った。
190522中学バスケ22
 1月の新人戦も2位だったが、れいめいには31-114と3倍近い点差をつけられた。「手も足もでなかった。どうしたら勝てるのか、全くイメージがわかなかった」と手塚さくら主将=写真=は振り返る。フルコートで当たり続ける体力、ゴール下でのリバウンド力、シュート力…どれをとっても今の県内では追随するチームはなく、1クオーターで1桁しか得点できず、2、30点以上失点して100点ゲームで完敗するのはどのチームも同じだった。
 圧倒的な差は見せつけられたが「負けたくない」(手塚主将)強い気持ちが支えになった。緑丘の持ち味は「激しい守備と走るバスケット」(坂元主将)。自分たちの良さに磨きをかけ最大限に発揮し、思い存分ぶつかっていくことに活路を見出した。今大会、準決勝までは「負けられない重圧」(坂元監督)を背負って思うようなバスケットができなかったが、重しのとれた決勝戦は思う存分ぶつかることができた。
 激しく当たってれいめいの攻撃を防ぎ、スクリーンを使ってズレを作ってドライブで仕掛ける攻めが通用し、第1クオーターは14-18と4点差で食らいついた。第2クオーターの終盤から第3クオーターにかけてはれいめいの底力の前に点差が開いたが、最後まで闘志は衰えない。第4クオーター開始早々、手塚主将はマッチアップの山方主将に敢然と1対1の勝負を挑んだ。腰を落とし、手を張って、大きな声で守備をする山方主将のプレッシャーに、大抵の選手はひるんで戦意を失いボールを失う。手塚主将はひるまずドライブに行ってシュートをねじ込んだ。坂元監督も敢えて勝負に行かせるために、他の選手をヘルプに行かせなかった。第4クオーターは防戦一方にだった展開が再び一進一退になり、17-24と勝ることはできないまでも、1桁点差で食らいつくことはできた。
 県選抜チームでは山方主将られいめいの選手とチームメートになった手塚主将は「ちゃんと点を取ってくれるので頼もしかった」と感じた。同時に自分のプレーも少しずつ通用する手応えを感じ、今回の対戦で成長を実感できた。「もっと体力をつけて、夏は打倒・れいめいを目指す!」と意気込みを語っていた。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3075-4be7725a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック