鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2009第8日
シード川内辛勝
沖永良部、延長15回力尽きる
【3回戦・川内―沖永良部】延長15回表川内二死満塁、坂元がランニング満塁本塁打を放ち、10―6と勝ち越す
球秋〇九038_025

 第125回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第8日は10月3日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で3回戦4試合があった。
 シード川内は延長十五回まで沖永良部に粘られるも、ランニング満塁本塁打で勝ち越し辛勝。鹿児島実は六回まで伊集院に4点リードされたが、集中打で逆転勝ちした。川内商工は屋久島の追い上げを振り切った。シード鹿屋中央は尚志館との「大隅対決」を1点差でものにした。
 第9日は4日、両球場で3回戦4試合がある。

◇3日の結果
・3回戦(県立鴨池)
川内商工  12―9 屋 久 島
川   内 10―6 沖永良部(延長15回)

・3回戦(鴨池市民)
鹿屋中央 6―5 尚 志 館
鹿児島実 5―4 伊 集 院

◇4日の試合
・3回戦(県立鴨池)
10:00 樟   南―大   島
12:00 樟 南 二―枕   崎

・3回戦(鴨池市民)
10:00 加 世 田―錦 江 湾
12:00 神村学園 ―加治木工
◇3回戦②(県立鴨池)
川  内 000 021 100
              101 004=10
沖永良部 010 001 200
              101 000=6
(延長15回)

【3回戦・川内―沖永良部】延長15回、逆転の望みを託して懸命に声援を送る沖永良部のベンチ
球秋〇九039_025

 沖永良部・末永広樹監督 「警戒していた坂元君1人にやられてしまった。相手はシード校だが、特に細かいデータなどは示さず、思い切りやることだけを心がけ、その通りの野球ができた。上位のチームともしっかり戦える手ごたえはつかんだ。それでも勝てなかったのはもう少し何かが足りないのだろう。来春戦うのが楽しみです」

 同・大野真之介投手 (延長15回、196球を投げるも最後はマウンドを藤崎拓也に託して降板)「夏の大会初戦、体力不足で途中降板しチームに迷惑を掛けて悔しい思いをしたので、夏場はどんな試合でも1人で投げきる体力をつけるようにした。きょうも最後まで投げ切れなかったことが悔しいです」

球秋〇九037_025

◇3回戦②(鴨池市民)
伊集院 003 001 000=4
鹿 実 000 002 30×=5

【3回戦・伊集院―鹿実】6回表伊集院一死一三塁、米澤のセーフティースクイズが決まり、4―0とする
球秋〇九035_025

【3回戦・伊集院―鹿実】7回裏鹿実二死満塁、川の右前適時打で三走に続いて二走・豊住が生還、5―4と逆転する
球秋〇九036_025

 鹿実・宮下正一監督 (4点差を逆転勝ち)「今まで野球をやっていて15安打されて勝ったのは初めて。伊集院がバントで揺さぶってくるのは分かっていて対策も立てていたが、うまくいかなかった。2番手の野田が安定しているが、先発の用皆が踏ん張りきれていない。今はこんな勝ち方しかできないが、何とかしのいで勝ちあがっていきたい」


◇3回戦①(県立鴨池)
川内商工 301 021 500=12
屋久島  003 100 230=9


 屋久島・下山慎吾監督 (序盤の4点差、中盤8点差をつけられるも最後まで粘る)「どれだけ点差をつけられても、つなぐ気持ちを忘れず、あきらめない野球ができるようになった。前のチーム、その前のチームから受け継いだものがこのチームにも生かされている。チームとしての第一段階はクリアしたから、あとは細かい部分を夏までにどう仕上げていくかだ」
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/04(日) 21:41:59 | | #[ 編集]
Re: 伊集院残念
 TI様、メッセージ、ありがとうございます。この試合をじっくり観戦していましたが、伊集院の良さも随所に発揮されると同時に、まだまだな部分も見えました。今回の結果を糧に来春以降の躍進を期待したいですね。
2009/10/05(月) 06:37:05 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/309-d15f4d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック