FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球秋2009第11日
8強へ、鹿屋中央、神村学園、鹿実、樟南
【4回戦・神村学園―枕崎】5回表神村二死二塁、白澤の左前適時打で二走・伊藤が先制のホームイン
091006神村1点目_025

 第125回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第11日は10月6日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で4回戦4試合があった。
 シードの鹿屋中央、神村学園に鹿児島実、樟南がいずれも大差で勝利し8強へ名乗りをあげた。
 第12日は7日、両球場で準々決勝4試合がある。

◇6日の結果
・4回戦(県立鴨池)
鹿屋中央 8―0 川内商工(8回コールド)
神村学園 7―0 枕  崎(7回コールド)

・4回戦(鴨池市民)
鹿児島実 12―0 川   内
樟  南 9―1 加 世 田(7回コールド)

◇7日の試合
・準々決勝(県立鴨池)
10:00 鹿児島城西―川   辺
12:00 鹿児島実 ―鹿屋中央

・準々決勝(鴨池市民)
10:00 薩摩中央―鹿児島商
12:00 神村学園―樟  南
◇4回戦②(県立鴨池)
神村学園 000 014 2=7
枕  崎 000 000 0=0
(7回コールド)


【4回戦・神村学園―枕崎】6回表神村一死一三塁、春山の打席でエンドランをかけ、一走・福永は三塁へ
091006神村走塁_025

 神村学園・山本常夫監督 「(序盤打ちあぐねた枕崎・長谷を中盤以降打ち崩す)キーになったのは六回表の先頭打者・廣田。セーフティーバントはアウトになったが、あれがカギになった。序盤は簡単に追い込まれて高めのボール球を打たされていた。ファーストストライクから積極的に打っていくことが攻略のポイントで、五回に伊藤、白澤がうまく突破口を開いてくれた。短打と走塁でかきまわす、この子たちらしい野球ができた」

 同・平田力也主将 「試合内容や個人成績より勝つことが大事だったので勝ててよかった。勝ち上がっていけば相手の力も上がり、接戦になると思っていた。ファーストストライクから積極的に打っていく自分たちの打撃で点が取れてよかった」

 枕崎・長谷侑樹投手 「(五回まで7奪三振と神村打線をねじ伏せるも集中打でコールド負け)打たれたボールも自分の中ではいいボールだったが、制球が甘くて狙われた。(このクラスのチームを相手にするには)直球だけ速くてもダメ。春までにスピードよりも制球、特に変化球の制球を磨いていきたい」
スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/313-9e84d536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック