FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球夏2019第11日
鹿玉龍、シード鹿城西にコールド勝ち!
大島、延長10回競り勝つ

190720大島6点目
【4回戦・大島―鹿児島南】延長10回表大島二死二塁、1番・國塚の左前適時打で二走・藤本が生還、6―5と勝ち越す=平和リース

 第101回全国高校野球選手権鹿児島大会第11日は7月20日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で4回戦4試合があった。
 鹿児島玉龍は7回コールド勝ちで第2シード鹿児島城西を下した。大島は延長10回で勝ち越し、鹿児島南に競り勝った。第1シード神村学園、第7シード鹿屋中央はコールド勝ちだった。
 第12日は21日、両球場で4回戦4試合がある。


◇20日の結果
・4回戦(平和リース)
神村学園 8-1 川内(7回コールド)
大島 6-5 鹿児島南(延長10回)
・4回戦(鴨池市民)
鹿児島玉龍 10-3 鹿児島城西(7回コールド)
鹿屋中央 9-0 鹿児島(7回コールド)

◇21日の試合
・4回戦(平和リース)
10:00 鹿児島実―国分中央
12:30 鹿屋工―鹿児島情報
・4回戦(鴨池市民)
10:00 れいめい―枕崎
12:30 尚志館―樟南





全4試合の観戦レポートはこの文字をクリック!
神村―川内戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
大島―鹿南戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!



やれるプレーをやり切る!
大島(奄美新聞掲載)

190720大島勝利
 終盤劣勢の展開だったが、大島は「やれるプレーをやり切る」(塗木哲哉監督)強気な姿勢で勝利を手繰り寄せた。
 相手は鹿児島南。昨夏も同じ4回戦で負けた相手であり、今大会は3回戦でシード鹿児島商に勝っている。序盤、相手のミスで先制し、リードする展開だったが「『夏の南』の強さを肌で感じ、選手たちが地に足のつかない感じだった」(塗木監督)。
 八回裏、二死満塁から適時打を浴び、同点に追いつかれる。打ったのは好リリーフを見せていた2番手・杉山。序盤の劣勢を覆し、逆転サヨナラ勝ちへの流れが相手にあるのは明らかだった。
 九回裏、先頭打者を出し、二死二塁。藤崎―今里のバッテリー=写真=は、2安打2打点と当たっている4番・臼井を迎えた。歩かせて5番勝負か迷うところだったが、外角低め厳しいところを2球続けてストライクだったことで、今里武之介は「勝負」を選択する。イチかバチかの賭けだったが「思い切った方が悔いも残らない」と内角スライダーで3球勝負。見事一ゴロに打ち取ってピンチを脱し、勝機を引き戻した。
190720-024
 直後の十回、内野安打で出塁した8番・藤本涼也は果敢に二盗を成功させる。「自分の判断で走れ」のサインに対し変化球が来ると読んだ2球目に走った。この試合、守備も打撃もフル回転で活躍していた1番・國塚が左前適時打を放つ=写真=。浅い打球だったが「打った瞬間から走った。周りの声も何も聞こえなかった」と二走・藤本が好走塁で勝ち越しのホームに滑り込んだ。
 開幕から2週間。苦しい試合が続きながらも「粘り強さ」を発揮して2年ぶりの8強入り。「大会を通してどんどん選手が成長している」と塗木監督は感じている。今まで培った力プラス、今大会の「伸びしろ」を、準々決勝では第1シード神村学園相手に思う存分ぶつけるつもりだ。

「選手と同じ気持ちで」
大島・前川早紀マネジャー

190720熱球譜・大島
 「相手の投手は何球投げている?」
 四回表、攻撃前の円陣を組んでいるときに、塗木哲哉監督が尋ねた。
 「72球です」
 スコアブックを見て即答した。チームに必要な情報をすぐ伝えられるように、試合の流れを把握するのも、スコアラーとしてベンチに入っているマネジャーの大切な仕事だ。
 父も兄も大高野球部の野球一家。中学ではバレーボールをしていたが、高校で女子マネジャーになるのは必然の流れだった。
 スコアブックがちゃんと付けられるようになったのは1年の秋頃。野球経験もあり、守備位置や基本的なルールは分かっているつもりだったが、実際につけてみると「ルールが複雑で難しかった」。奥裕史コーチが丁寧に教えてくれたおかげで、今ではどんな状況にも対応できるようになった。
 「選手と同じ気持ちでいる」ために、試合中は基本立ったままでスコアをつける。夢中になると「つい前のめりになる」。苦しい試合でも雰囲気を盛り上げるように声を出し、笑顔でいることを心掛けている。
 鹿児島南戦は本当に苦しかったが、冷静にスコアをつけ、最後の打者を中飛で打ち取ったところまでちゃんと書いた。勝利の興奮に我を忘れることもなく、最後の挨拶まできっちりやり切った。
 「これからも選手と同じ気持ちでチーム一丸となって戦う」。この夏掲げた夢は、もちろん選手と同じ「甲子園出場」だ。
スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3152-8e091f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック