鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2009第12日
薩摩中央、初の4強へ!
準決勝は鹿城西vs薩摩中央、樟南vs鹿実
【準々決勝・薩摩中央―鹿児島商】8回裏薩摩中央一死満塁、下簗の中犠飛で三走・津久江が生還、2―0とする
091008薩摩2点目_025

【準々決勝・樟南―神村学園】7回表樟南一死満塁、園田一の左中間二塁打で三走、二走に続いて一走・武下が生還、5―1とする
091008樟南5点目2_025

 第125回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第12日は10月8日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で準々決勝4試合があった。
 薩摩中央は鹿児島商を3―1で下し、初の4強入り。樟南は神村学園、鹿児島実は鹿屋中央、いずれもシード校に快勝した。鹿児島城西は川辺との南薩対決を制した。
 9日は休養日。第13日は10日、県立球場で準決勝2試合があり、九州大会出場校が決まる。

◇8日の結果
・準々決勝(県立鴨池)
鹿児島城西 7―3 川   辺
鹿児島実  8―1 鹿屋中央

・準々決勝(鴨池市民)
薩摩中央 3―1 鹿児島商
樟  南 7―1 神村学園

◇10日の試合
・回戦(県立鴨池)
10:00 鹿児島城西―薩摩中央
12:00 樟   南―鹿児島実



この記事は「スポかごNEWS」号外(PDF)がプリントアウトできます。今すぐ画像をクリック!



さ・ら・に
「ギャラリーショッピング」でこの号外を写真にして購入することができます!!


この文字をクリック!
◇準々決勝①(鴨池市民)
鹿児島商 000 000 001=1
薩摩中央 000 100 02×=3

「やってきたこと」出し切る
薩摩中央

091008薩摩児玉_025

 薩摩中央が学校創立4年目にして初の4強入りを決めた。神村泰幸監督は「一生懸命やってきた子供たちを信じるだけでした。夏から練習でやってきたことをここで出して、結果につながったことがうれしい」と力を込めた。
 投手を中心にした堅い守り、終盤に点が取れる打線…この夏から取り組んできた野球が随所に発揮されて、強豪・鹿商をねじ伏せた。先発の2年生・児玉涼=写真左=は再三先頭打者を出してピンチを招いたが「ランナーが出てからの変化球の切れが良かった」(捕手・下簗翔主将)。体を倒して、かつぐようにして投げる独特なフォームから繰り出す縦のカーブ、スライダーが低めに決まり、相手打線に決定打を許さなかった。九回に1点を返され、なおも一死一二塁で1年生エース崎山貴斗にスイッチする。2球目を左前に運ばれたが、左翼手・馬原涼輔がダイレクト返球。ハーフバウンドの難しい返球を下簗が好捕し、タッチアウトで最大のピンチをしのぎ準決勝進出を手繰り寄せた。「1球1球が自分のところに来ると思って守っていた。『失点に弱いチームは上で通用しない』といつも監督さんに言われてますから」と馬原。チームの掲げる、野手が投手を育て、投手が野手を育てる守りの野球ができた。
 エース崎山は「神村監督のもとで野球がやりたかった」という。振り返ればちょうど10年前、薩摩中央に統合される前の宮之城が4強入りして地元開催の九州大会に出場した。当時6、7歳だった今のメンバーにとっても印象深い出来事だったのだろう。この後も、自分たちが少年野球をやっているすぐそばのグラウンドで練習している神村監督のチームの活躍に胸躍らせ「高校生になったら自分たちも地元の学校で野球をする」という夢を温めてきた。くしくも、この秋からユニホームを宮之城時代の縦縞、帝京カラーにリニューアルして臨んだ初めての県大会でつかんだ4強進出だった。

【準々決勝・薩摩中央―鹿児島商】4回裏薩摩中央二死二塁、四番芹ケ野が中前適時打を放ち、二走・津久江が先制のホームイン
091008薩摩1点目1_025

091008薩摩1点目2_025

【準々決勝・薩摩中央―鹿児島商】9回表鹿商一死一二塁、古市涼の左前打で二走・宮崎が本塁を狙うも、好返球に阻まれてタッチアウト。捕手・下簗
091008鹿商アウト_025

◇準々決勝②(鴨池市民)
樟  南 001 010 500=7
神村学園 000 010 000=1


 樟南・枦山智博監督 「(三、五回は2本の本塁打で先手を取る)いい風が吹いてくれた。この球場はこれがあるからこわい。試合前は相手を意識しているのか硬くなっていたから『相手もお前たちのことを意識しているんだぞ』と話した。一戦一戦よくなってきている」

 同・武下賢太主将 「(三回に先制弾=写真=)監督さんから風があるから上から叩いていけといわれて、その通りにしたらうまく風に乗ってくれた。試合前は緊張していたけど監督さんのひとことで雰囲気が良くなった。相手がこちらを意識していると思った」
091008樟南1点目_025

【準々決勝・神村学園―樟南】7回表樟南一死満塁、園田一が走者一掃の左中間二塁打を放つ

091008樟南5点目1_025
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/316-3f1010b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック