FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
レブナイズ、県協会連携協力調印
レブナイズと県バスケット協会
20年国体に向けて協力
バスケットで地域振興目指す

190805連携協力調印01

 男子プロバスケットボールチームの鹿児島レブナイズと鹿児島県バスケットボール協会は、来年の鹿児島国体成功に向けて連携、協力して取り組む。8月5日は鹿児島市の県庁で協定書の調印式があった。




 レブナイズと県協会はこれまでも、国体成年男子チームの主力でレブナイズの選手が活躍したり、レブナイズのホームゲームの運営に県協会が協力するなど、協力関係を築いてきた。レブナイズの弓場昭大オーナーは「私がオーナーになって3年目。過去2年はチームを存続させることが精一杯で、成績、興行面で苦戦し続けた。3年目の勝負の年に形あるものをまず示して、バスケットで鹿児島を盛り上げる第一歩としたい」と話した。
190805連携協力調印02
 県協会は、来年の鹿児島国体で成年男子チームの優勝を大きな目標に掲げており、木佐貫和昭専務理事は「成年男子はもちろん、成年女子、少年男女のカテゴリーもレブナイズの選手たちに引っ張ってもらいたい」と期待していた。
190805連携協力調印03
 県協会は今後、レブナイズのホームゲームの観客動員などにも協力して取り組む。末永皓久会長は「日本代表のW杯、五輪出場、八村選手のNBA入りなどで、国内でもバスケットトルネードが起こっている。鹿児島でもレブナイズを中心に競技人口の底辺拡大、競技力向上を目指すことで、結果的に地域全体の振興につなげていきたい」と話す。今年の国体チームとレブナイズの両方で主将に抜擢された松崎圭介主将は「プロの舞台で経験したことを生かし、国体の優勝に貢献したい」と決意を語っていた。

スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3172-13077cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック