鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2009最終日
鹿実、5季ぶりV
【決勝・鹿児島城西―鹿児島実】6回裏鹿実一死三塁、関山の犠飛で三走・用皆が先制のホームイン
球秋09最終日002_025

優勝旗を受け取る鹿実・藤田亮馬主将

球秋09最終日012_025

 第125回九州地区高校野球大会鹿児島県予選最終日は10月11日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があり、鹿児島実が3―0の完封で鹿児島城西を下し、5季ぶり28回目の栄冠に輝いた。
 五回までは鹿実・用皆崚、鹿城西・梶原慎也の両先発の好投と堅守で、両チーム無得点だった。六回に鹿実が関山公平の犠飛で均衡を破ると、七回にも2点を追加。投手は用皆、野田昇吾とつないで鹿城西打線を7安打完封した。
 鹿実、鹿城西の2校は九州大会(10月24―30日・宮崎)に出場する。


◇決勝
鹿児島城西 000 000 000=0
鹿児島実  000 001 20×=3
(城)梶原、中野―川内
(実)用皆、野田―関山
・二塁打 染宮、大迫(城)川、亀甲、揚村、用皆、豊住(実) ・暴投 城1 ・試合時間 2時間6分 ・球審 大野 ・塁審 ①藤元 ②中野 ③成田
チーム一丸、「雪辱」晴らす
鹿実

球秋09最終日007_025

 夏初戦敗退の屈辱を味わった鹿児島実が、チーム一丸となってこの秋に鹿児島の頂点に立った。「夏の雪辱が晴らせました」。藤田亮馬主将は、大会中出し続けてかすれてしまった声で万感の思いを込めて語った。
 決勝戦はいろんな「雪辱」を晴らす場だった。
 先発した用皆峻はこの日、打順も四番に抜擢された。「これまで先発の役割が果たせなくて、チームに迷惑をかけていた。先発で四番はびっくりしたけど、投球は投球、打撃は打撃とメリハリをつけた」。ボールの伸びは今ひとつだったが、スライダーとカーブ、緩急のコンビネーションをうまく使いながら7回無失点で切り抜けた。打撃でも六回に先制の口火となる二塁打、七回にはダメ押しとなる3点目の適時打を放ち、エースで四番の役割を果たした。
 遊撃手の安岡祥平は準決勝で2失策を喫し、苦戦を招いた。「最初の打球をエラーしてから気持ちが引いてしまった」。前夜はミーティングの後で岩切信哉コーチにノックを打ってもらったという。コーチに言われたのは「技術」ではなくて「気持ち」。決勝では「最初のゴロをうまく取れてから落ち着いたので、攻める気持ち、一歩前に出る気持ちで守れた」。7度の守備機会を確実にこなし、最後は三遊間の深いゴロをバックハンドで処理して一塁へ大遠投、優勝を決める締めくくりになった。「あいつに始まり、あいつで終わりました」と宮下正一監督も感慨深げだった。
 夏の初戦敗退、インフルエンザによる鹿児島市大会の欠場、今大会も初戦の鹿屋戦、2戦目の伊集院戦はいずれも薄氷の勝利…様々な逆境が待ち構えていた中で、その一つ一つをチーム一丸となってクリアし「一戦一戦力がついてきた」(宮下監督)。夏に悔しい思いをした先輩たちの魂を引き継いだ新チームが、最初に掲げた大きな目標は「九州チャンピオンになること」(藤田主将)。チャレンジの第一段階は見事にクリアした。

 鹿児島城西・八牧竜郎監督 「(敗因は)気持ちの弱さ。1点目取られてから気持ちが引いてしまって、2、3点目につながる致命的なエラーが出てしまった。夏の準優勝で自信を持って臨んだつもりだったが、まだまだ気持ちの面でプレッシャーに弱い部分がある。九州大会まで約2週間あるけれど、大会に向けての調整はあえてしないで練習量を増やして『自分たちはこれだけやったんだ』という手ごたえをもって九州大会に臨みたい」

【決勝戦、熱戦フォトグラフ】
五回表一死一三塁のピンチを遊ゴロ併殺で切り抜けて、喜び勇んでベンチに戻る遊撃手・安岡(右端)
球秋09最終日000_025

六回裏鹿実一死三塁、関山が先制の右犠飛を放つ
球秋09最終日001_025

先制のホームを踏んだ用皆、犠飛を放った関山を迎え入れる鹿実ベンチ
球秋09最終日003_025

七回裏鹿実二死二塁、用皆が3点目となる右前適時打を放つ
球秋09最終日004_025

九回表鹿城西、二死から意地の二塁打を放った大迫
球秋09最終日005_025

優勝決定で歓喜の輪ができる
球秋09最終日006_025

「応援、ありがとうございました!」
球秋09最終日008_025

球秋09最終日009_025

閉会式、身だしなみを整えて
球秋09最終日010_025

鹿実の指導者。左から田浩二部長、久保克之総監督。宮下正一監督
球秋09最終日011_025

準優勝旗を受け取る鹿城西・東郷拓也主将
球秋09最終日013_025

鹿城西の指導者。右から井上隆三部長、奥虎太郎副部長。八牧竜郎監督
球秋09最終日014_025

「次こそは頂点に」想いを込めて

球秋09最終日015_025
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/318-40aeac39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック