FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先月、ピーチの就航と奄美群島のキャッシュレス推進の記者会見に参加してから「キャッシュレス」への興味がわいた。スマホ決済を利用したことがなく、買い物は現金が基本だったが、これからは「買い物」や「お金」に対する社会の概念が根本から変わる時代になるのかもしれないと感じた。



 韓国は9割、中国は6割など海外ではキャッシュレスが進んでいる。日本は2割前後で、その理由は紙幣や硬貨の信用性が高いこと、導入している店舗が少ないことなどが考えられるという。メリットとしては①現金を持ち歩く必要がなくなる②ポイント還元が受けられる③現金製造コストや計算にかかる人件費を削減できるなど。デメリットは①使いすぎてしまう②知識が必要③セキュリティーの問題④手数料がかかる⑤災害時に弱いことなどが挙げられる。
 自身の買い物におけるキャッシュレス比率はガソリン給油やネット購入でクレジットカードを使う程度なので1割にも満たないと思っていた。よく考えると、家賃や光熱費、電話代などは口座引き落とし、原稿料などの支払いは口座振り込みなので収支のトータルですでに6割以上は「キャッシュレス」で生活していることになる。
 スマホ決済などを利用すれば益々現金を使わない生活になる。便利ではあるが「お金」が動いていることをイマイチ実感できていないことに「これでいいのか?」と一抹の不安を感じている。
スポンサーサイト



テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3207-3256270a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック