FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先日、高校新人陸上を取材した際、医療担当をしていた高校の同級生と再会した。思い出話に始まって、お互いの仕事や家族の話で盛り上がった。高校生の息子がいると聞いて驚いたが、考えてみれば今年で45歳。そのくらいの年代の子供がいてもおかしくない世代である。



 その日の夜、妻が外出したため、今年で4歳になる息子と2歳になった娘と2人で留守番だった。夕食は妻が作った中華丼。ところが息子が「食べない」と駄々をこね大泣きし始めた。「白いご飯にふりかけがいい」と言う。余裕がないと厳しい言葉で食べることを強制したり、「食べなくていい!」とこっちも意地になるところだが、そうなる気持ちをコントロールして、どうしたら食べてくれるか、いろいろな言葉かけを工夫してみた。
 言葉だけではなかなか食べてくれなかったが、ふとご飯と具を一緒に盛った丼形式が息子は嫌なんじゃないかと思い、ご飯と具を別々の器に盛ってみた。白ご飯にふりかけをすれば息子の願いも叶う。案の定どちらもちゃんと食べて「うまい!」とまで言ってご機嫌になった。
 自分の考えを押し付けるのではなく、息子の主張に妥協するのでもなく、双方の要求を満たす第3案の存在を信じる。「7つの習慣」でいう「Win―Winを考える」を実践し、子供たちと過ごす夜を楽しく、実りあるものにできた。親も子も、焦らずじっくり成長したいものだ。
スポンサーサイト



テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3230-70c7ba57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック