FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
09ウインターカップ県予選第2日
鹿商辛勝、延長で競り勝つ!
【男子準々決勝・鹿児島商―伊集院】=県体育館
091018ウインター000_025

【女子準々決勝・神村学園―れいめい】=県体育館
091018ウインター001_025

 第40回全国高校選抜優勝バスケットボール大会(ウインターカップ)鹿児島県予選第2日は10月18日、鹿児島市の県体育館、鹿児島玉龍高体育館の2会場で男女の準々決勝までがあり、男子は鹿児島工、川内、加治木工、鹿児島商、女子は鹿児島、鹿児島純心、鹿児島女、神村学園、いずれもシード勢がベスト4に勝ち残った。
 男子の鹿商は伊集院を相手に第4ピリオドまでリードを許す苦しい展開だったが、延長戦で競り勝った。女子の4チームはいずれも準々決勝100点ゲームの危なげないスコアで勝ち上がった。
 最終日は19日、県体育館で男女決勝までがある。

【男子】
・3回戦 鹿児島工121―49ラ・サール、れいめい94―55鹿児島高専、鶴丸80―67鹿児島東、加治木工107―40指宿、鹿児島商72―51川内商工、伊集院96―32鳳凰、鹿児島中央82―73出水、川内109―44鹿児島玉龍
・準々決勝 鹿児島工107―88れいめい、加治木工99―55鶴丸、鹿児島商81―74伊集院、川内103―68鹿児島中央

【女子】
・3回戦 鹿児島144―18国分、川内100―41出水商、国分中央61―56武岡台、鹿児島女86―45鹿児島中央、神村学園105―34枕崎、れいめい107―54樟南、末吉72―69伊集院、鹿児島純心72―59鳳凰
・準々決勝 鹿児島117―59川内、鹿児島女122―48国分中央、神村学園101―68れいめい、鹿児島純心117―40末吉
8強の壁、越える
国分中央

091018ウインター002_025

 女子の国分中央は初の8強進出を果たした。堂籠あゆみ主将は「素直にうれしい。みんなが強い気持ちでチームワークを発揮してくれました」と喜んだ。
 大きなヤマ場は3回戦の武岡台戦だった。6月の県総体でも8強をかけて争い、延長戦で敗れた。「リベンジマッチ」(福永健司監督)で臨んだ一戦は、これまで練習してきたアウトサイドシュートが決まり、ファールでもらったフリースローもことごとく決まって終始リードして押し切った。「ゾーンのディフェンスに対して外のシュートを主体に作ってきて、うまく当たった。1人1人がそれぞれの役割を果たしてくれました」(福永監督)。
 国分中央のみならず、姶良地区の女子全体でも8強入りは「記憶にない」(福永監督)快挙だった。「就任3年目の節目の年で、チームカラーが浸透して結果につながったのがうれしい」と福永監督は喜ぶ。それでも準々決勝では鹿児島女に歯が立たず「ベスト4の壁」(堂籠主将)の高さを思い知らされた。福永監督は「次はベスト4を目指し、また『追われる立場』になることも自覚してレベルアップしていきたい」と気持ちを引き締めていた。

「悔し涙」は流さない!
れいめい

091018ウインター003_025

 県総体に続いて8強入りした女子のれいめいだったが、選手に笑顔はない。準々決勝では神村学園に百点ゲームで敗れ鎌田華世主将は「ベスト4を目指したけど、まだまだ気持ちに甘さがあった」と唇をかんだ。
 県総体以降は「ディフェンスはしつこく粘り強く、オフェンスは思い切りよく」(東山崎雄三監督)を掲げてチームを作ってきた。日ごろの練習でも激しくボールの奪い合うなど、闘争心をみせるようになった。3回戦までは成長の跡をみせて勝ち上がることはできたが、4強クラスのチームが相手になると「準備や経験不足、積み上げてきたものの差」(東山崎監督)が出て、大差をつけられた。
 試合後、悔し涙を流そうとする選手たちに、東山崎監督は「今、泣くな! 悔しかったら次頑張れ!」とあえて檄を飛ばす。理由は「悔しいときに涙を流すと、悔しさが流れてしまうから」。早くも8強程度では満足しないチームに成長したことは確かだ。
スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/326-07a0909c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック