FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先週の土曜日、今季最後となるホームゲームで鹿児島ユナイテッドFCが水戸を相手に見事勝利を収めた。J2残留に大きく前進する勝利だった。



 試合前、同じく残留争いをしていた栃木が先制していると知り、不安な気持ちが芽生えるのを必死で押しとどめていた。だがバックスタンドでサポーターが掲げた「SURVIVE!」の人文字を見て勇気づけられた。
 1年前、J2昇格を決める沼津との最終戦は「UP to J2」の人文字を掲げ、劇的な勝利を収めた記憶がまざまざと蘇った。このところは勝つか、負けるか、その結果だけに目が奪われていた中で、久々に「鹿児島らしいサッカー」を見た。前半の終盤、面白いようにボールをつないで自在に攻め入る姿を見ていた時、勝ち負けに関係なく「このサッカーをずっと見ていたい」と思える快感を覚えた。
 試合後のセレモニー。まだ残留も何も決まっていないので「締めくくる」という感じではなかったが、トップチームの選手、スタッフだけでなく、ユース、知的障がいのフューチャーズ、スクールの子供たちも含めた「鹿児島ユナイテッドFC」の全員がピッチに立っていたことに大きな意味を感じた。鹿児島に初めて誕生したJリーグチームとして、地域に根差し、鹿児島と共に成長していく。そのためにもまずは来季もJ2に残り、前進の歩みを続けていく。そんな決意表明のように思えた。
スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3319-5f688436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック