FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2019-20第16節
中盤離され、3連敗
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第16節第2日は1月18日、全国各地で6試合があった。鹿児島レブナイズは愛知県の大治町スポーツセンターで豊田合成スコーピオンズと対戦。67―88で敗れ3連敗となった。

◇第16節
レブナイズ 67-88 豊田合成
(18-16、11-22、11-23、27-27)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



 第1クオーターはレブナイズらしい守備が機能し、18―16とリードしたが、第2、第3クオーターで相手の外国籍選手を中心に大量失点し、得点も伸びず、点差が開く。第4クオーターは激しい点の取り合いとなり、レブナイズも27得点を挙げたが、点差は縮まらず21点差で大敗した。
 レブナイズの通算成績は11勝17敗で順位は12チーム中8位。最終日は19日、同会場で豊田合成と対戦する。

 レブナイズ・楠本和生ヘッドコーチ
 この2週間で取り組んだ守備が立ち上がりに機能したが、第2、3クオーターで得点が伸びなかった。リバウンドで差がついた。あすはリバウンドの部分を修正したい。

 同・藤田浩司 相手の外国籍選手に得点を取られすぎてしまっているので、抑えるところは明確。速い展開を防ぐことは前の試合に比べたら出来ていたので、相手の外国籍選手をどうみんなでカバーして守るかを修正しなければならない。

スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3381-d036c1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック