FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 SNS上のデマ情報に惑わされて、トイレットペーパーやティッシュなどをまとめ買いする人が後を絶たないという。ある報道番組ではまとめ買いする人の列を映し、駐車場に並ぶ車の列を空撮してセンセーショナルに伝えていた。「(デマと)分かっていても買ってしまう。日本人の性です」とインタビューされた男性が語っていた。



 さもありなんと思う反面、いかにもステレオタイプな日本人像を押し付けているようで無性に腹が立った。いくらデマ情報であり、在庫は十分にあるという「正しい情報」を流しても、あんな映像を延々と見せつけられれば買いだめに走りたくなる群集心理に陥りそうになる。報道の役割とは何か、考えさせられた。
 社会不安に陥りそうなとき、大切なのは「正しく恐れること」だという。とはいえこれだけ様々な情報が氾濫していたら「何が正しいのか?」さえはっきりしない。「報道」とは「道に報いる」と書く。人の道に報いるために伝える側の責任は重い。
 「現状を嘆いたり、批判するばかりでなく、どうすれば改善されるかという提言を」。以前勤めた新聞社で先輩記者から言われたアドバイスが筆者の信条になっている。2日付の本紙「現場から」で奄美の長距離走レベルアップ、地域活性化につながる公認記録会開催を提言したのはその信条に基づく。伝え手のプロとして、根拠のない楽観ではない希望の発信を心掛けたい。
スポンサーサイト



テーマ:コロナウィルス関連 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3436-72bc1069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック