FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 「まささんのお宅ですか?」。筆者の苗字は「政」と書いて「つかさ」と読む。簡単に読めないことは重々承知している。初対面の人と名刺交換するときは名前や出身地の話題で会話ができるので、新聞記者の仕事の上では好都合で、むしろ間違えてもらった方がありがたい。



 「今度の市議会議員選挙に出る〇〇の後援会の者です。▽▽さんの紹介であいさつに来ました」。名前を間違えられた後、インターホン越しで言われて不愉快な気分になった。日常会話ならともかく、紹介で足を運んで投票をお願いするなら、読み方ぐらいは調べてくるのが礼儀ではないか。せめて「失礼ですが何とお読みするのでしょうか?」と聞くぐらいの誠意は見せて欲しいと思った。いただいたパンフレットに「市民の心」「市民の目線」と書いてあるのが嘘くさく思えた。
 京都での学生時代、「この字を書いて『つかさ』と読むところは日本にはない」と英語教師に言われて「いえいえ、奄美群島にありますけど…」と突っ込んだのを思い出した。
 あいさつに来たかどうかで投票先を決めようとは思わないが、ちょっとしたことが気になれば「この人には投票したくない」と思うのが筆者という市民の「心」であり「目線」だ。仕事柄、人様の名前や事実を扱う機会が多い。間違えてはいけない記事に限って目が届かずに間違うこともしばしば。読み方を間違えた後援会の人を笑えない。他山の石として襟を正したい。
スポンサーサイト



テーマ:政治 政党 市民 投票 選挙 政治参加 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
間違った方は悪意がなくても、間違えられた方のダメージは大きいですね。
しかし、「この字を書いて『つかさ』と読むところは日本にはない」なんて言いますかね?
名前ネタ一つ。
知人に寿司(ひさし)君と言う弟がいました。
自宅にセールスの電話が掛かってきて「すしさんいますか?」とのたまったそうです。
知人「出前に出てます!」
2020/03/25(水) 09:09:08 | URL | シラサカ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
本人を目の前にしてですからね。
それにしても知人の方の返しのセンスが抜群ですね(笑)!
2020/03/25(水) 11:08:49 | URL | つかさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3455-b62422b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック