FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球春2021第1日
喜界、鹿屋工がコールド勝ち
210320-8鹿屋工2点目_050
【1回戦・鹿屋工―鹿児島高専】5回裏鹿屋工二死二塁、4番・下薗が勝ち越しの左越え二塁打を放ち、2-1とする=鴨池市民

 第148回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第1日は3月20日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で1回戦4試合が予定されていたが、雨のため1試合が順延となった。
 喜界は初回の大量点で主導権を握り、串木野にコールド勝ち。鹿屋工は中盤畳みかけて鹿児島高専にコールド勝ちした。川内商工は古仁屋・沖永良部に逆転勝ちだった。
 第2日は21日、両球場で1回戦7試合がある。


◇20日の結果
・1回戦(平和リース)
川内商工 5-3 古仁屋・沖永良部

・1回戦(鴨池市民)
喜界 12-0 串木野(5回コールド)
鹿屋工 8-1 鹿児島高専(7回コールド)

◇21日の試合
・1回戦(平和リース)
9:00 鹿児島中央-大島
11:00 指宿・川辺-鹿児島水産
13:00 国分-加治木
15:00 指宿商―鹿屋
・1回戦(鴨池市民)
9:00 鹿児島玉龍-薩南工
11:20 武岡台-松陽
13:40 鹿児島情報-枕崎





全試合の観戦レポートはこの文字をクリック!



秋の勝利が自信に!
喜界(奄美新聞掲載)

210320-2喜界8点目_050
【1回戦・喜界―串木野】1回表喜界二死二三塁、暴投の間に三走・竹下が生還し8点目=鴨池市民


 喜界は攻守がかみ合い、1時間12分のスピードゲームでコールド勝ち。昨秋に続いての初戦突破に富田楓河主将は「指導者や保護者、支えてくれた島の人たちに感謝したい」と喜んだ。
 初回の9得点で波に乗った。四球などで走者を貯め、適時打で返す。積極的に足を絡めて相手のミスを誘う。打者14人6安打で9点を奪った。
 その裏の守備、先頭打者の三塁線強襲の打球を三塁手・三浦が逆シングルで好捕し、きっちりアウトをとった。先頭打者を出せば、浮足立ってもつれる展開もあり得ただけに「最初に点を取って、その裏をしっかり守れたことが大きかった」と松元修監督。エース村田を中心とした守備も付け入るスキを与えなかった。攻撃は時間をかけて、守備は短時間で終わらせる理想的な展開で勝ち切れた。
 「秋に勝てたことが自信になっている」と松元監督。部員不足が続いてなかなか県大会で勝てなかったチームが、昨秋初戦で久々の勝利をつかみ、冬を乗り越える原動力になった。部員11人だが「学年関係なく、お互いに意見を出し合って、自分たちで練習を組み立てた」と富田主将。2回戦は昨秋の覇者・神村学園に挑む。「攻撃では積極的に足を絡め、守備は村田を中心に打たせて取る。自分たちらしい野球で勝ちたい」と意欲を燃やしていた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3771-31e63ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック