FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球春2021第2日
鹿玉龍、9回逆転勝ち
大島、枕崎は完封勝利

210321-17国分本塁アウト_050
【1回戦・国分―加治木】8回裏国分二死二塁、2番・景山の左前打で二走・後野が本塁を狙うも好返球でタッチアウト。捕手・上江洲=平和リース

 第148回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第2日は3月21日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で1回戦7試合があった。
 鹿児島玉龍は9回表二死から逆転し、薩南工に競り勝った。大島、枕崎は完封勝ち。指宿・川辺、松陽、加治木は同地区勢同士の対決を制した。前日の雨で仕切り直しとなった一戦は指宿商がものにした。
 第3日は22日、両球場で1回戦6試合がある。


◇21日の結果
・1回戦(平和リース)
大島 5-0 鹿児島中央
指宿・川辺 8-1 鹿児島水産(8回コールド)
加治木 15-5 国分
指宿商 8-3 鹿屋
・1回戦(鴨池市民)
鹿児島玉龍 2-1 薩南工
松陽 7-2 武岡台
枕崎 2-0 鹿児島情報

◇22日の試合
・1回戦(平和リース)
9:00 明桜館-甲南
11:20 吹上-市来農芸・串良商・垂水・屋久島
13:40 出水-川内
・1回戦(鴨池市民)
9:00 ラ・サール-加世田
11:20 鶴丸-れいめい
13:40 隼人工-種子島中央





全試合の観戦レポートはこの文字をクリック!



変化球で投球の幅広がる
大島・大野

210321大島・大野

 大島の2年生左腕エース・大野稼頭央=写真=が三塁を踏ませない力投で勝利に貢献した。春先特有の肌寒さの中「緊張したけれども、序盤を抑えたことで余裕ができ、思い切り投げられた」と力強く振り返った。
 持ち味の直球は最速138キロを記録し、終盤まで常速130キロ台の球威が落ちず、一冬越えて「質が上がった」のを確信できた。加えて「変化球を覚えたことで、バッテリーの安定感が更に高まった」(塗木哲哉監督)。ストライクを稼ぐカーブ、空振りをとるスライダーなどを自在に使い分けて的を絞らせず、15奪三振、被安打2と付け入るスキを与えなかった。
 試合中「悪いつながりを作らない修正力がついてきた」とも塗木監督は言う。六回、初球の死球で初めて先頭打者を出したが「バントをさせて二塁で一つ目のアウトをとる」と次のテーマに切り替え、球威のある直球を続け3バント失敗を誘った。
 終盤はボールが続いたり、四球を出す場面もあったが、捕手・安田主将がタイムをかけてうまく間合いを取った。直球が高めに浮いたら低めの変化球、変化球が決まらなかったら強気の直球…その時々で「一番腕の振れるボール」を巧みに要求した主将のアシストも光った。
 今大会の目標は「一戦一戦勝ち上がって、九州大会出場」。目標達成に向けて好スタートが切れた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3773-be401f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック