FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球春2021第5日
鹿南がサヨナラ勝ち
出水工は逆転勝ち

210324-22出水工3点目_050
【1回戦・出水工―徳之島】8回裏出水工二死一二塁、敵失で二走・橋野が生還、3-2と勝ち越す=鴨池市民

 第148回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第5日は3月24日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で1回戦5試合があった。
 鹿児島南は種子島にサヨナラ勝ち。出水工は終盤のワンチャンスをものにして徳之島に逆転勝ちだった。鹿児島は出水中央を寄り切り、頴娃、鹿屋農はコールド勝ちだった。
 第6日は25日、両球場で2回戦6試合がある。


◇24日の結果
・1回戦(平和リース)
鹿児島 7-3 出水中央
鹿児島南 9-8 種子島
頴娃 11-1 曽於(6回コールド)
・1回戦(鴨池市民)
鹿屋農 13-1 川薩清修館(5回コールド)
出水工 3-2 徳之島

◇25日の試合
・2回戦(平和リース)
9:00 神村学園-喜界
11:20 鹿屋工-鹿児島玉龍
13:40 松陽-枕崎
・2回戦(鴨池市民)
9:00 川内商工-樟南
11:20 大島-指宿商
13:40 加治木-指宿・川辺





全試合の観戦レポートはこの文字をクリック!



やるべきことをやり切る
出水工

210324-23出水工校歌_050
 出水工が終盤のワンチャンスで見事な逆転劇をみせた。部員10人のチームだが「全員がやるべきことを、しっかりとやり切ってくれた」と日髙慎一郎監督は力強く振り返った。
210324-13出水工・垂門_050
 先発は背番号8の2年生右腕・垂門遼馬=写真=。下級生だが「チームで一番強い気持ちを持っている」勝負強さを指揮官は買った。強打に足を絡めてくる徳之島打線に「強い気持ちで投げた」と垂門。3回に先制点は許したが、動じることなく強気の投球を続け、2失点で切り抜けた。

 8回裏、一死から1番・小村蒼空(2年)がセンター前ヒットで出塁したところで、日髙監督は一走・小村と2番・橋野光登(3年)に伝令を送った。
 「初球をライト線に打て!」
 橋野は過去2打席送りバントを決めている。これを「布石」に初球一発勝負の強硬策を仕掛けた。橋野は期待通りライト前に運び、チャンスを広げる。「強気」と「勝負強さ」が売りの3番・垂門も初球をレフト前に運んで同点とした。土壇場で見せた攻撃の集中力が相手のエラーを誘い、勝ち越した。

 試合中、日髙監督は、状況に応じて何をすべきか、端的な指示を出し、それぞれの役割を明確にしていた。9回表、二死二塁の場面では伝令を送った。点差は1点、一塁が空いている。相手は一打同点、逆転を狙う代打。ならば、こちらがやるべきことは「勝負を急がない」「厳しいコースを突く」こと。垂門はボール球から入り、2ボール2ストライクからショートフライに打ち取って試合を締めくくった。
 部員10人と限られている中で、勝負するためには「それぞれがやるべきこと」の徹底にこだわった。互角に渡り合い、最後に勝てたことは何より自信になった。「今までほとんど勝ったことがなかったので嬉しかった」と垂門。2回戦はシード鹿屋中央だが「自分の力を出し切りたい」と意気込む。やるべきことに変わりはない。

「初戦の硬さ」払拭できず
徳之島(奄美新聞掲載)

210324-17徳之島2点目_050
【1回戦・出水工―徳之島】3回表徳之島満塁、3番・岩崎が犠飛を放ち2点目=鴨池市民


 徳之島は無念の逆転負け。吉田蓮主将は「2年生エースの前は踏ん張って良い投球をしてくれたのに、守備と打線が助けられなかった」と悔しがった。
 「初戦の硬さ」(吉田公一監督)を最後まで払拭できなかった。持ち味の攻撃で勢いづけようと初回、先頭の豊島優は初球セーフティーバントで揺さぶりをかけるも、相手が好フェールディングに阻まれた。2番・幸田は左前打で出塁するも牽制で挟まれてタッチアウト。3人で打ち取られ、「初回の入りを大事にしたが、うまくいかず、雰囲気を悪くしてしまった」(吉田主将)。
 三回に3連打と犠飛、良いかたちで2点を先取したが、勢いに乗り切れない。六、七回は先頭打者が出塁したが、生かせず。得点した三回以外は攻撃で見せ場を作れなかった。
210324-14徳之島・前_050
 左腕エース前=写真=が好投し、七回まで1失点で切り抜けた。このまま勝ち切るかと思われたが、八回に一死から3連打を浴び、エラーで勝ち越し点を許した。九回は代打、代走を送り、総力戦で勝利を目指したが、得点ならず。昨秋に続いてまたしても1点差で涙をのんだ。
 「目の前で起こることに一喜一憂してしまって、気持ちを前に出すプレーができていなかった」と吉田監督は振り返る。これで5月のNHK旗大会の出場は絶望的になった。吉田主将は「試合経験ができないのは痛いが、その分島でじっくり練習できる。毎日の練習を大切にして弱点を克服し、夏は勝てるチームになりたい」と雪辱を誓っていた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3777-11769635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック