FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球春2021第6日
加治木、大島、延長を制す!
210325-6神村本塁アウト_050
【2回戦・神村学園―喜界】4回裏神村二死一二塁、9番・國仲の右前打で二走・西村が本塁を狙うも好返球でタッチアウト。捕手・盛=平和リース

 第148回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第6日は3月25日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で2回戦6試合があった。
 加治木は延長12回で指宿・川辺に、大島は延長10回で指宿商に、それぞれ競り勝った。シード樟南、枕崎は完封勝ち。シード神村学園はコールド勝ちし、鹿児島玉龍も3回戦に勝ち進んだ。
 第7日は26日、両球場で2回戦6試合がある。


◇25日の結果
・2回戦(平和リース)
神村学園 9-1 喜界(7回コールド)
鹿児島玉龍 8-3 鹿屋工
枕崎 4-0 松陽
・2回戦(鴨池市民)
樟南 3-0 川内商工
大島 4-2 指宿商(延長10回)
加治木 4-3 指宿・川辺(延長12回)

◇26日の試合
・2回戦(平和リース)
9:00 加世田-鶴丸
11:20 伊集院-種子島中央
13:40 鹿児島工-池田
・2回戦(鴨池市民)
9:00 市来農芸・串良商・垂水・屋久島-甲南
11:20 鹿児島商-川内
13:40 鹿児島実-国分中央





全試合の観戦レポートはこの文字をクリック!



思い切り、食らいつく
大島(奄美新聞掲載)

210325-17大島4点目・丸田二塁打_050

 序盤の好機を生かせず、終盤ワンチャンスで同点に追いつかれた。辛うじて勝利したが、大島にとっては「負けの流れを自分たちで作ってしまった」(塗木哲哉監督)反省の多い試合だった。
 一番の要因は「練習でやってきた自分たちの野球を信じてやり切れていない」と塗木監督は感じた。そんな中でも1番・丸田洋介は「思い切り、食らいつく」自分の持ち味を打撃で発揮し、チームを勝利に導いた。
 十回の打席、フルカウントまで粘ったところで、伝令が出た。
210325-16大島伝令_050
 「打席の前に立って、低めの変化球に食らいついていけ!」
 指揮官の言葉を安田主将が伝えた。それまで「ガチガチに緊張していた」丸田だったが指示を聞いて「リラックスできた」。直後の低めの変化球に見事食らいつき、勝ち越しの二塁打を放った。先制のソロ、2点目のきっかけの三塁打に加え、全得点に絡む活躍だった。
 昨秋はベンチに入れなかった。「悔しくて春は絶対にベンチ入りする」と誓った。冬場は野球の練習はもちろん、生活面の甘さを改善すべく、寮を出た。笠利の自宅からは約1時間半の通学時間を要する。不便な環境に追い込むことで、生活も野球も集中して取り組むようになった。
 「この冬、一番努力していた」と塗木監督。リードオフマンへの抜擢は何より丸田が「一番驚いた」が、その期待に応えた。
 「チームが勝つことが一番。勝つために自分は何をすべきか」を考えてプレーしていると丸田。8強をかけて挑むシード樟南戦も、チームのために「思い切りよく食らいつく」つもりだ。

「野球」ができるようになった
喜界(奄美新聞掲載)

210325-8喜界1点目_050

 昨秋2回戦、喜界はシード樟南に0―10で五回コールド負けだった。今回もシード神村学園にコールド負けではあったが、失点は1桁で止めた。七回まで戦い、1点を取ることができた。一冬越えて成長し「チームの方向性は間違っていなかった」(松元修監督)ことが確かめられた。
 序盤の二、三回、エラーも出て浮足立ち、長打も浴びて8失点と差がついた。それでも「ある程度は覚悟していた」(松元監督)分、その後をしっかり戦うことを意識付けた。エース村田健太朗は途中からマウンドに上がった三回は走者一掃の長打を浴びたが「気持ちを切り替え、しっかりコースに投げ分ける」ことを意識した四回以降は、1失点で切り抜けることができた。
 「楽しめているか?」。四回を無失点で切り抜けた村田に松元監督は尋ねた。「楽しいです!」と村田は答えた。
 自分のボールでいくつか凡打に打ち取った。四回は右翼手・竹下の好返球で本塁アウトを取った。五回は捕手・盛が盗塁を刺した。七回は自らの打球がエラーを誘い、1点を取った。力の差がある強いチームが相手でも、自分たちのやってきたことが通じるのを「楽しい」と思えた。
 打者によって守備位置を変えたり、次の展開を予測して声掛けをするなど「打つ、投げるだけでない『野球』ができるようになってきた」ところに松元監督は一番の成長を感じた。これから夏に向けて「体力を上げて、守備力もつけて、また神村学園と試合がしたい」と村田は笑顔で言い切った。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/3778-ee526ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック