fc2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
2022J3第13節
3得点で快勝!
ホーム負けなしを継続
鹿児島U




※↑上の画像をクリックすると動画がお楽しみいただけます!

 サッカーの2022J3リーグは6月19日、第13節の4試合があった。鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は鹿児島市の白波スタジアムでYSCC横浜と対戦。3―0で勝利した。
 立ち上がりから優位に試合を進めた鹿児島Uは12分にFW米澤のゴールで先制。33分にはCKからの折り返しをMFロメロが押し込んで2点目を挙げた。後半はピンチの場面もあったがGK白坂の好守などでしのぎ、オウンゴールでダメ押し点を挙げた。完封勝利で今季ホームで負けなしを継続した。
 鹿児島Uの通算成績は9勝2分2敗の勝ち点29。第14節は25日、愛媛FCとアウエーで対戦する。


◇第13節
鹿児島U 3-0 YS横浜
(2-0、1-0)
・得点者【鹿】米澤、ロメロ、オウンゴール


※試合の詳細はJリーグ公式サイトで!




進化し続ける「自分たちのサッカー」
鹿児島U


 「自分たちのサッカーをやり切る」。鹿児島Uの大嶽直人監督をはじめ、選手たちから常日頃最も耳にするフレーズだ。彼らが表現し、目指したいと思うサッカーが試合を重ねるごとに進化しているのを感じた一戦だった。
 この日最大の「進化」のセットプレーで2、3点目を奪えたことだ。CK、FKなどのセットプレーは「試合の流れを変える」(大嶽監督)重要なポイントに挙げて日頃の練習から取り組んでいる。これまでセットプレーからの得点は少なかったが、1試合2ゴールでその成果を垣間見せた。
 「スタッフが相手のウイークを見つけてくれたおかげ」と大嶽監督。2ゴールどちらにも絡んだロメロ・フランクは「折り返しを狙って集中していた」と言う。相手はセットプレーに対してクリアしたり、こちらが折り返した後にスキがあると分析し、練習で時間を割いて取り組んだプレーだった。
 33分に右サイドで得たCKのチャンス。MF中原とSB薩川がショートコーナーを使って、相手の間合いを外すクロスを上げる。ゴール前に詰めていたDF岡本が折り返し、ロメロが右足で押し込んだ。後半はピンチも多かった中で、集中して耐えしのぎ、CKからロメロが頭で押し込む。記録はオウンゴールだったが、勝利を決定づける貴重なダメ押し点を、セットプレーで奪った。
 攻守に力の差を見せつけたが「試合終了の笛を聞いた瞬間、悔しさを感じた」と先制ゴールの米澤令衣は言う。良いかたちで先制できた、多彩な攻めの起点にもなっていたが、決めた先制ゴールより、何度か外した決定機の悔しさの方が勝った。妥協せず「自分たちのサッカー」を日々進化させようとしている象徴に思えた。

スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/4193-32cabfc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック