鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球夏2011第12日
伊集院、シード鹿屋にサヨナラ勝ち
鹿情報、れいめいに競り勝つ

110715伊集院サヨナラ_035

 第93回全国高校野球選手権鹿児島大会第12日は15日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で4回戦4試合があった。
 伊集院は第5シード鹿屋に九回サヨナラ勝ちした。鹿児島情報は第8シードれいめいに競り勝った。薩摩中央も加治木を1点差で下した。第1シード鹿児島実はコールド勝ちだった。
 第13日は16日、両球場で4回戦4試合がありベスト8が出そろう。


◇15日の結果
・4回戦(県立鴨池)
鹿児島実 7―0 鹿 屋 工(7回コールド)
薩摩中央 5―4 加 治 木
・4回戦(鴨池市民)
鹿児島情報 3―2 れいめい
伊 集 院 5―4 鹿   屋

◇16日の試合
・4回戦(県立鴨池)
10:00 川   内―神村学園
12:30 鹿屋中央 ―鹿児島南

・4回戦(鴨池市民)
10:00 樟   南―屋 久 島
12:30 鹿児島玉龍―鹿児島工

◇4回戦②(鴨池市民)
鹿 屋 002 020 000=4
伊集院 001 300 001=5
(鹿)栗田、照屋―奥村
(伊)恒吉、瀬戸口、山下―新牧
・三塁打 宮野、野田(鹿)田中(伊) ・二塁打 山下(伊) ・暴投 鹿1、伊2 ・捕逸 伊1 ・試合時間 2時間19分

「塊の力」我慢の勝負を制す
伊集院

110715伊集院5点目2_035

 中盤までは点の取り合い、六回以降は互いにチャンスを作りながら生かし切れない我慢の展開を制し、伊集院が2年ぶりの8強に名乗りをあげた。新牧昂大主将は「好投手もスター選手もいないチームだけど、塊の力で互いに信頼して守り抜きました」と胸を張った。
 打つべき手、やるべきことをやり切った。三回に先制点を許すと、内野公貴監督はエース恒吉から2番手瀬戸口にスイッチ。瀬戸口が押し出しで2点目を与えると、3番手の2年生右腕・山下雄也をマウンドに送った。「気持ちで負けないこと」だけを心掛けた山下が後続を断つ。ロングリリーフとなった四回以降は同点に追いつかれ、七―九回はいずれも三塁まで走者を背負う苦しいマウンドだったが「ランナーは出しても点をやらなければいい。打たせればみんなが何とかしてくれる」と辛抱強く投げ抜き、終盤のピンチでは1点も与えなかった。「監督のさい配ミスを選手がカバーしてくれた」と内野監督。ピンチでもあわてることなく無失策で守り、山下を援護した。
 2番手の好投手・照屋攻略の指示は「低めを狙ってゴロを打つこと」(内野監督)。高めに伸びる直球や、抜けて高めに浮くフォークを見極め、転がすことだけを意識させた。九回の山崎、田中、そしてサヨナラ打の新郷は、いずれも指示通りゴロで野手の間を抜いた打球だった。
 「お互いにミスがあって流れをなかなか引き寄せられない中でよく我慢してくれた」と内野監督。地方の進学校同士が意地のぶつかり合いをみせた一戦は、伊集院の我慢がわずかに鹿屋を上回った。

110715鹿屋1点目_035
【4回戦・鹿屋―伊集院】3回表鹿屋一死三塁、暴投で三走・宮野が先制のホームイン

110715伊集院2点目_035
【4回戦・鹿屋―伊集院】4回裏伊集院一死満塁、石神の中前適時打で2-2の同点に追いつく

110715伊集院4点目1_035

110715伊集院4点目2_035
【4回戦・鹿屋―伊集院】4回裏伊集院一死満塁、代打・丸山の右前適時打で三走に続いて二走・徳澤が生還、4-2と勝ち越す

110715鹿屋4点目_035
【4回戦・鹿屋―伊集院】5回表鹿屋二死二三塁、内村が右前適時打を放ち、4-4と同点に追いつく

110715伊集院5点目_035
【4回戦・鹿屋―伊集院】9回裏伊集院無死満塁、新郷がサヨナラの左前適時打を放つ


◇4回戦①(鴨池市民)
れいめい  000 000 002=2
鹿児島情報 000 020 10×=3
(れ)土屋―原園
(鹿)平原―竹内
・三塁打 大重 ・捕逸 れ1 ・試合時間 1時間55分

強気の攻めでシード撃破
鹿情報

110715鹿情報平原_035
 投打に強気な攻めをみせた鹿児島情報がシードれいめいに競り勝った。
 鹿情報・平原賢也=写真=、れいめい・土屋。大会屈指の左腕2人が火花散る投手戦を繰り広げた。五回、先にチャンスをつかんだ鹿情報は一死三塁の場面で、下位打線の大重、山崎裕がいずれも強打で2点を先取した。「6―8番は当たっていたし、いつも通りの野球をしました」(図師賢剛監督)。
 「実力では負けていることが分かっていたので、相手の打者を研究して弱いところを徹底して突いた」と平原。勝負どころでは低めに変化球を丁寧に集め、八回まで強打のれいめい打線をわずか2安打に封じた。最終回はさすがに「勝ちを意識してしまって」(平原)2点を失ったが、堅い守りが最後のひと踏ん張りをみせて逃げ切った。
 「鹿実とやるまでは絶対に負けられないと思っていた」と竹内健太主将。昨秋の準々決勝で鹿児島実に完封負けを喫し、その雪辱を晴らすことを目標にここまで勝ち上がった。念願かない同じ準々決勝で鹿実と当たる。「当たって砕けろで向かっていきますよ」。エース平原は強気に言い切った。

110715鹿情報2点目_035
【4回戦・鹿児島情報―れいめい】5回裏鹿情報一死三塁、山崎裕が左前適時打を放ち、2-0とする

110715れいめい1点目_035
【4回戦・鹿児島情報―れいめい】9回表れいめい一死二三塁、原園が右前適時打を放ち、1-3と追い上げる

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/421-2b1c3f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック