fc2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
22年度県陸上選手権第2日
桑代(福笑門)が5連覇・男子円盤投
下野(鹿銀)はV4・男子棒高跳

220704-0

220704-1

220704-2_060
 2022年度鹿児島県陸上選手権大会第2日は7月3日、鹿児島市の白波スタジアムであった。
 男子円盤投は桑代啓太(福笑門)が大会5連覇を達成。下野祐征(鹿児島銀行)は男子棒高跳で4m81を跳んで4連覇した。男子ハンマー投の浦口凱壱(九州共立大)=写真上=、女子同の濱田恵里奈(skyone)=写真中=、女子走高跳の鐵丸美由紀(鹿児島銀行)は3連覇した。男子八百はU18日本選手権優勝者の立迫大徳(鹿児島城西高)=写真下=が1分52秒60で制した。
 第3日は9日、補助競技場でリレー種目がある。


※成績の詳細はこの文字をクリック!






「後進を育成したい」
県陸協功労章受章の岡山さん(奄美市陸協会長・奄美新聞掲載)

220703岡山さん01

 鹿児島陸上協会は選手育成や大会運営などに長年の功績があった人に贈る今年度の功労章受賞者を発表した。奄美関連では奄美市陸上協会会長の岡山嗣夫さん(79)=写真=が受賞。3日の県陸上選手権で表彰式があった。
 大島高時代は野球部員だった岡山さん。社会人になってからは、郵便局員として働く傍ら、趣味で陸上やバレーボールなどいろんなスポーツにチャレンジし、体育指導員として市民スポーツの普及にも携わった。二百などで健脚を競うと同時に、競技役員の資格を取り、審判など大会の裏方としての活動を長年続けた。
 中でも場内アナウンスの仕事には大いにやりがいを感じ、気が付けば40年以上、大島地区の大会などでアナウンスを続けている。場内アナウンスは選手名を読み上げるだけでなく、会場を盛り上げる役目も担っている。鹿児島の大会に役員として参加した時「アナウンスをラジカセに録音して勉強しました」。
 奄美で毎年開催される市民体育祭も長年アナウンスを務めている。「岡山さんの声を聞くと市民体育祭の季節がきた」と市民の人から言ってもらえるのが何よりのうれしい出来事だった。
 記念の章を受け取り、今後は「わたしの後を継ぐ人を育てていきたい」と後進の育成に意欲をみせていた。

競技歴15年のラストジャンプ
「表彰状、欲しかった」
山中(skyone)

220704-3
 男子走高跳の山中亮磨は、今大会を最後に、一線を退くと決めていた。結果は1m85で4位。「1m90は跳びたかった。表彰状が欲しかった!」と苦笑した。
 中学2年から走高跳を始めて競技歴は15年を数える。中学時代は全国中学総体を制し、鹿児島商高時代は11年の山口国体で優勝し、その時の2m12は県高校記録として残っている。鹿屋体大では4年時に鴨池であった九州インカレで2m14まで自己記録を伸ばした。
 社会人になっても競技を続けていたが、昨年の県選手権で踏切足の右足首を故障。なかなか完治せず「そろそろ潮時」とこの大会を「ラストジャンプ」にした。
 1m70と走高跳選手としては小柄だが、驚異的な跳躍力と明るい性格、気持ちの強さで県の走高跳選手たちをけん引してきた。この日もテンションを常に上げて、周りの若い選手たちを鼓舞しつつ、周囲の声援にもこたえながら、最後の真剣勝負を楽しんだ。「周りの選手を応援することで自分の気持ちも高まる。昔からここ1本で勝負強いといわれていたのはそういった気持ちで試合に臨んでいたから」と振り返った。
 1m85は振り返れば中2で初めて全中出場を決めた時の記録。「そんなところも僕らしいですね」と笑った。今後は「後に続く選手たちを育てて、本当の意味で鹿児島に恩返ししたい」と言う。競技後はユニホームを審判服に、スパイクを雨靴に履き替え、午後の女子の競技を見守っていた。

220704-4
男子八百 ①立迫大徳(鹿児島城西高)1分52秒60 ②坂元龍晟(鹿児島南高)1分52秒93

 立迫
(坂元の追い上げを振り切る)「県総体では負けたが、南九州、今大会と2回続けて勝ててよかった。県総体で負けたのがかなり悔しかった。1年時は県内で誰にも負けなかったのでプライドが傷ついた。その分、強い気持ちで走れるようになった。インターハイでは上の学年の人にもしっかりついていって優勝を狙う」

220704-5_060
女子走高跳 ①鐵丸美由紀(鹿児島銀行)1m65

 鐵丸
「1m70を跳べなかったのは久しぶり。今季ワースト記録での優勝になってしまった。鍛錬期を経て、助走からの流れはだいぶ良くなった感覚はあった。雨の影響で最後に滑ったり、会場の音楽に乗りすぎてテンポが微妙に狂った。記録は出せなかったが、悪いなりに最後をまとめられるようになったのは収穫。来週グランプリに出られることになったので、修正して落ち着いて跳べるようになりたい」

220704-6
女子三段跳 ①片野坂唯月(鹿児島高)12m21

220704-7
男子百十障害 ①平田和(松陽高)14秒95

220704-8_060
女子二百 ①下野みのり(JOHO.AC)25秒05 ②塗木ひかる(鹿児島大)25秒52

220704-9
男子二百 ①ランズボロー・サミュエル(鹿児島AC)21秒93 ②宮下峻(松陽高)22秒00

220704-10
女子円盤投 ①堀悠菜(鹿児島南高)38m64

220704-11
女子八百 ①小園怜華(鹿児島女高)2分11秒39 ②野口紗喜音(東谷山中)2分14秒31

220704-13
男子ジュニアAハンマー投 ①濵田玲将(鹿児島南高)56m28

スポンサーサイト



テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/4212-f5c90072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック