鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
11県中学総体野球第3日(奄美新聞掲載記事)
決勝は金久VS重富
金久・登山がノーヒットノーラン

110728金久登山_035
 第62回鹿児島県中学校野球大会第3日は28日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で準々決勝、準決勝の6試合があり、金久と重富が決勝進出を決め、九州大会(8月4-6日・長崎)出場権を勝ち取った。
 金久はエース登山幸一=写真=が準々決勝の東谷山戦でノーヒットノーラン、準決勝でも福平を1安打完封の好投で、2年ぶりの決勝に貢献した。重富は準決勝の松元戦、0-0のまま延長戦に突入したが決着がつかず、促進ルールによる判定戦で勝利して決勝進出を果たした。
 最終日は29日、県立球場で午前9時から決勝がある。

【成績】
・準々決勝 福平3-2種子島(判定10回)、金久1-0東谷山、松元7-0霧島(5回コールド)、重富6-1鹿児島玉龍
・準決勝 金久4-0福平、重富1-0松元(判定10回)

気持ち切り替え快投
準々決勝・ノーヒットノーラン
準決勝・1安打完封
金久・登山

110728金久登山1_035
 金久のエース登山幸一=写真=が準々決勝・東谷山戦はノーヒットノーラン、準決勝・福平戦はあわや完全試合という1安打完封の快投でチームの目標だった九州大会出場に貢献した。「きのうは自分の投球ができなくてチームに迷惑をかけた。きょうはチームに流れを作る仕事ができた」と力をみなぎらせていた。
 初日の2試合は制球が定まらず、再三先頭打者を出すなど不安定な内容だった。集大成の県総体で気合が空回りして力みにつながった。喜多村恵資監督は「県大会だから打たれて当たり前。打たれることを怖がらず、開き直ってやろう」とアドバイス。「先頭打者だけは出さないようにして、練習でやってきた自分の投球をしよう」。気持ちを切り替えた登山はこの日、目覚ましい好投をやってのけた。
 体をひねってから、スリークオーター気味に投げる独特なフォームをしている。右打者の外角低めを軸に出し入れする基本をしっかりマスターしており、変則フォームでボールの出所が見極めにくいのも特徴だ。「きのうと違って思い切りが良かった。気持ちの入り方が違った」と捕手・野崎哲太。準々決勝では唯一の得点となった適時打を放ち、準決勝でも先制のスクイズを決めるなど攻守に登山を援護した。テンポの良い好投の相乗効果で守備陣も再三好守で盛り立てた。
 強打の東谷山打線をノーヒットに抑えて自信をつけ、福平戦は「いつもの自分じゃないような気がした。マウンドにいるのが楽しかった」という。やることなすことがすべてはまって、相手打線をわずか1安打、21人で片づける「準完全試合」やってのけた。
 九州大会出場は決めたが、チームには「優勝」というもう一つ大きな目標がある。昨秋、今春と、この1年の県大会はどちらも準優勝に終わった悔しさを晴らすことだ。「きょう以上の投球をして優勝旗を奄美に持って帰りたい」。エースは静かに闘志を燃やしていた。(奄美新聞7月29日掲載)

110728金久1点目1_035

110728金久1点目2_035
【準々決勝・東谷山―金久】1回裏金久一死二塁、野崎が左前適時打を放ち、二走・森下が先制のホームイン=鴨池市民

110728金久先制_035
【準決勝・福平―金久】1回表金久無死一、三塁、野崎がスクイズを決め先制する=鴨池市民

110728金久アウト_035
【準決勝・福平―金久】1回表金久一死二、三塁、三走・竹山がボールのこぼれる間に本塁を狙うもタッチアウト。捕手・東=鴨池市民

110728金久2点目_035

110728金久先制1_035
【準決勝・福平―金久】4回表金久一死三塁、田中がスクイズを決め、三走・富が2点目のホームイン=鴨池市民

110728金久3点目_035
【準決勝・福平―金久】4回表金久二死一、二塁、森下が適時打を放ち、3-0とする=鴨池市民

110728金久4点目_035
【準決勝・福平―金久】4回表金久二死二、三塁、竹山が適時打を放ち、4-0とする=鴨池市民
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/430-98d5086b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック