鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
11県中学総体バスケットボール
明和が初V・男子
女子は鹿純心2年ぶりV

110729中学バスケ013_035

110729中学バスケ007_035
 2011年度鹿児島県中学校総体バスケットボール大会は7月27―29日の3日間、薩摩川内市のサンアリーナせんだいなどであった。
 男子決勝リーグ最終戦は2勝同士で明和と緑丘が激突。明和が緑丘を下しリーグ全勝で初優勝を勝ち取った。女子決勝リーグは鹿児島純心、神村学園、坂元が2勝1敗で並んだが、得失点差で鹿純心が2年ぶりに栄冠に輝いた。男女とも2位までが九州大会(8月5、6日・沖縄)に出場する。

【男子決勝リーグ順位】①明和3勝 ②緑丘2勝1敗 ③坂元1勝2敗 ④清水3敗
【女子決勝リーグ順位】①鹿児島純心2勝1敗 ②神村学園2勝1敗 ③坂元2勝1敗 ④緑丘3敗 ※1-3位は当該チーム同士の得失点による。

ぶれなく打ち続ける
明和

110729中学バスケ012_035
 決勝リーグ4チームの実力は紙一重だった中で、明和は全勝で初の栄冠を勝ち取った。日頃厳しく選手に接する下内政美監督も「よくやった。きょうだけはほめてやる」と満面の笑みで選手の頑張りをたたえていた。
 混戦を制することができた大きな要因は「ぶれずに、怖がらずに3ポイントを打ち続けることができたこと」を下内監督は挙げる。大きな選手のいない明和の得点源は林、嶽崎を中心とする3ポイントだ。当然、明和がそんなチームであることは知られているから、相手も3ポイントを打たせないような守備を敷いてくる。厳しい守備を敷かれてリズムが悪くなり、3ポイントが入らなくなることもあったが「入らなくてもいいから、気持ちよく打たせることだけを考えた」(下内監督)。2日目までは50点台の点数しかとれず、前半をビハインドで折り返す試合がほとんど。これは監督にとっても我慢のしどころだった。「(3ポイントを)あきらめて別の手を指示しようか?」という思いが頭にもたげるのを何度も打消し、3ポイントにこだわった。
 その我慢が最終日に花開いた。最終戦の緑丘戦は69点中27点が3ポイントで挙げたものだ。中でも林=写真=は7本の3ポイントを決める活躍ぶり。思い切りよく3ポイントが打てるようになったのは「尾堂、川原がしっかりリバウンドを取りにいってくれるという信頼があったから」(吉満拓斗主将)だ。3ポイントが思い切りよく打てることで、攻撃の幅が広がり、緑丘戦は第2ピリオドで逆転すると、一度も追いつかれることなく粘る相手を振り切った。

開き直って逆転V
鹿純心

110729中学バスケ004_035
 決勝リーグ2戦目を終えて鹿純心は1勝1敗。今大会は3年生の四郎園がケガで使えない上に、神村学園戦では福留主将がひざのケガで退場し最終戦も欠場を余儀なくされ、3点差で惜敗。最終戦の坂元戦は勝つことはもちろん、なるたけ点差をつけて勝たない限り逆転Vの望みはない。崖っぷちに追い込まれた中で鹿純心が活路を見出したのは「開き直ってやってきたことを出し切る」(前田孝一コーチ)ことだった。
 坂元戦は相手のゾーンを攻めあぐね、開始4分間ノーゴールという厳しい出だし。なかなかリズムに乗れない中で第2ピリオドから思い切ってフルコートのプレスディフェンスを仕掛ける。これがはまって徐々に流れを引き戻し、「何も考えず自分の仕事をした」2年生・中山彩奈の5連続得点で試合をひっくり返した。だが、坂元もインサイドの中山へのプレスをきつくして鹿純心の攻め手を封じ、第3ピリオドで再逆転する。今度は2-1-2のハーフコートプレスに切り替えた。自分たちが持っているものはすべて出し、絶対に勝つという執念がコートにみなぎっていた。再々逆転に成功し、最後は7点差をつけて勝ったことで得失点の勝負もものにすることができた。
 福留の欠場でチームの大黒柱を任された、迫ちひろ=写真=はゲームメークに加えて、終盤は果敢にドライブして何度も得点し、獅子奮迅の働きだった。「(福留)菜穂のためにも絶対に勝ちたかった」想いをぶつけることができた。前田コーチは「昨年は3位で九州大会を逃した。あんな思いは二度としたくないという強い気持ちがあったのでしょう」と薄氷の勝利をかみしめていた。


【熱戦フォトグラフ】
110729中学バスケ000_035

110729中学バスケ001_035

110729中学バスケ002_035

110729中学バスケ003_035

110729中学バスケ005_035

110729中学バスケ006_035

110729中学バスケ008_035

110729中学バスケ009_035

110729中学バスケ010_035

110729中学バスケ011_035
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/431-46ccf718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック