鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
11県高校新人陸上第1日
川薩清修館、予選で大会新・男子四継
110915新人陸上011_035

 第55回鹿児島県高校新人陸上大会第1日は9月15日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子四百リレーは川薩清修館(松井、橋元、原永、本田)=写真=が予選で42秒24の大会新記録を樹立し、決勝でも2位以下を大きく引き離して制した。女子千五百は1年生の高木結加(鶴翔)が大会記録に0・03秒迫る4分31秒76の好記録で優勝した。男子四百は翁玲央乃(伊集院)が、女子同は前原まどか(出水)がそれぞれ頂点に立った。
 第2日は16日、同競技場である。今大会の各種目3位まで(※男女混成競技は2位まで)が九州大会(10月14―16日・大分)に出場する。

男子四百リレー ①川薩清修館(松井、橋元、原永、本田)42秒36
バトンつながり「ホッ」
川薩清修館

110915新人陸上010_035

 決勝での大会記録更新は果たせなかったが、川薩清修館のメンバーは「目標は優勝すること。優勝できて良かった」(橋元晃志)と安どの表情を浮かべていた。
 「バトンがちゃんとつながりさえすれば…」(橋元幸公監督)というのはメンバー共通の思いだったに違いない。5月の県総体では、予選で41秒台の好記録を出しながら、決勝で松井、橋元の1、2走が接触して転倒。全国にチームの名前をとどろかせたいという夢が果たせなかった。走力は前チームに匹敵する力を持っているだけに、しっかりバトンをつないで雪辱を晴らしたい思いは強かった。
 予選は3、4走でバトンが詰まるも昨年、チームで出した大会記録を塗り替えた。決勝は2走の橋元がやや早く出すぎて「やばいと思った」(松井)が、何とか対応してバトンはつながり、2、3走のバトンは詰まった。「みんなよく走れていたけど、バトンがまだまだ」(橋元)と課題が明確になった。
 目標に掲げた41秒台は出せなかったが、インターハイ百、二百2種目入賞し、世界ユースも経験したエース橋元を擁し、全国での活躍も期待されるチームの片鱗は示せた。「来年には40秒台を出したい」(橋元)と大きな「野望」が芽生えていた。

女子千五百 ①高木結加(鶴翔)4分31秒76 ②上原美幸(鹿児島女)4分31秒77
描いた通りのレース「清々しい気持ち」
高木(鶴翔)

110915新人陸上007_035

 高木はラストの直線勝負で競り勝ち、0・01秒差で逆転勝ち。「自分で考えた通りのレースができました」と納得顔で振り返った。
 レースは、インターハイ三千で9位と健闘した上原が先行し、高木と岸良(神村学園)がついていく展開だった。元々は八百が得意で、スピードには自信を持っている161㌢の長身ランナーは「最後まで粘って粘っていけば最後で勝負できる」と頭に描いた。ラストの直線で「タイムは関係ない。勝ちたい気持ちで前に出た」と上原と並び、きん差の勝負をものにした。
 川内南中3年生だった昨年は故障続きで、常にあと一歩で納得のいくレースができなかった。ようやく走れるようになったのは「4回の夏合宿を越えたあたりから」(東村光弘監督)。ハードな合宿メニューをこなし、「男子にもついていける力がついた」(東村監督)。会心のレースをものにして自己ベストを10秒近く上回る好タイムを出し「清々しい気持ちです」と笑顔がのぞいていた。

自己ベストも納得いかず
大島・納(奄美新聞掲載)

陸上納_035

 女子やり投げは1年生の納稚乃(大島)が36㍍26の自己ベスト記録で2位と好成績を残したが「あまり良くなかった」と納得いかない様子だった。
 5月の県総体で出した34㍍92を上回る自己ベスト記録を1投目で出したが、残り5投は記録が伸び悩んだ。「助走も、投げるフォームも、教えてもらったことができなかった。37㍍以上は出したかった」(納)。
 中学時代はバレーボールをしていたが、友人の父親に勧められて投てきを始めた。それまでは顧問の先生に教わっていたが、体育祭の前あたりから、元投てき選手の林伸一さんから指導を受けるようになった。専門家の指導を受けられるのは何よりの「援軍」だ。「教えられたことをしっかりやって自己記録を伸ばしていきたい」と九州大会へ気持ちを切り替えていた。

110915新人陸上000_035
【女子やり投げ】 ①牧瀬梨乃(屋久島)42㍍92

110915新人陸上001_035
【女子五千競歩】 ①立山優惟(鹿児島女)25分36秒25

110915新人陸上002_035
【女子百障害】 ①大村美香(鹿児島南)15秒12 ②末永成美(鹿児島女)

110915新人陸上003_035
【女子四百】 ①前原まどか(出水)58秒55

110915新人陸上004_035
【男子四百】 ①翁玲央乃(伊集院)50秒51

110915新人陸上005_035
【男子五千競歩】 ①吉村健人(鹿児島城西)24分54秒34

110915新人陸上006_035
【男子走り幅跳び】 ①越川大勢(鹿児島南)6㍍61

110915新人陸上008_035
【男子千五百】 ①吉永竜聖(鹿児島城西)4分1秒46 ②坂元大志(鶴翔)4分3秒74

110915新人陸上009_035
【女子四百リレー】 ①鹿児島女(一ノ宮、山口、八木、末永)48秒63 ②川薩清修館 48秒72 ③松陽 49秒77
スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/446-aa4a7f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック