鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第129回九州地区高校野球第4日
神村、逆転で4強へ
二河が決勝タイムリー!

111025神村7点目2_035
【準々決勝・神村学園―大分】8回裏神村一死二塁、二河の左越え二塁打で、二走・中野が生還、7―6と勝ち越す=新大分
 第129回九州地区高校野球大会第4日は25日、大分市の新大分球場、臼杵市の市民球場の両球場で、準々決勝4試合があった。神村学園は逆転勝ちで大分を下し、ベスト4進出を勝ち取った。
 26日は休養日。第5日は27日、新大分で準決勝2試合がある。神村学園は第2試合で別府青山(大分)と対戦する。


◇準々決勝(新大分)
大  分 003 000 030=6
神村学園 002 300 02×=7
(大)前園、山本―内山
(神)平藪、柿澤―中野
・二塁打 新納、平藪、二河2、中野(神) ・暴投 神1 ・試合時間 2時間1分

芽生えた「チーム一丸」
苦闘を制す
神村学園


 「八回裏の攻撃、九回の守り、目指していたチーム一丸となる野球ができました」。山本常夫監督の声が心なしか震えていた。2度リードを許す苦しい展開で、フィールドの9人、ベンチの控え選手、スタンド、すべてが一体になって戦い、センバツへの大きな一歩となる4強を勝ち取った。
 良くも、悪くも、神村らしい野球だった。攻撃でも、守備でも積極的に「攻める」のが神村の持ち味。だが、多分に博打的な要素もあり、一つ間違うと敗因につながりかねない危うさもある。三回に3点を失った場面は、一死一塁で送りバントをエース平藪が二塁アウトを狙って野選になったことが響いた。攻撃でも、前日ほどではないが、重盗に失敗して好機を失いかけたこともあった。
 それでも「あれがうちのチームの持ち味。3点取られても次の回で点を取ればいいと焦りはなかった」と弥栄翼主将は言い切る。言葉通り打線が奮起して四回に試合をひっくり返した。守りでミスがあれば打線がカバーする。打線が振るわなければ守りで踏ん張る。そんな意識がチームに浸透しつつある。
 「前までだったら、負けているときはベンチで声も出なかったし、拍手もなかった」。背番号13の上池孝治は言う。この日は八回に平藪が崩れて嫌なかたちで再び逆転されても、ベンチの雰囲気は変わらなかった。その裏、代打で出た上池は、当たり損ねのゴロだったが全力疾走で一塁に滑り込み、「出塁する」役割を果たした。その気迫が打線に火をつけ、中野、二河の同点、勝ち越し二塁打につながった。
 山本監督の言う「チームが一丸になる」雰囲気が終盤2イニングに満ちあふれていた。「こういう雰囲気の中で野球がやれたことが、きっとこのチームの財産になる」。また一つ大きな壁を乗り越えた教え子たちを頼もしげに見つめていた。

監督の言葉で波に乗る
神村・二河

111025神村7点目1_035
 9番打者・二河拓馬が3安打2打点の活躍で、4強入りに貢献した。
 「お前が最後の打席でゴロのヒットを打ってくれたことが大きい。それが次につながるんや!」。
 前日、試合後のミーティングで山本常夫監督の言葉に勇気づけられた。得点にはつながらない一打だったが、チームが目指す低いゴロの打球を、締めくくりで打ったことを監督は高く評価した。転がす意識を徹底すれば何かが起こり、次につながる攻撃ができる。その意識を持ち続けてこの日も打席に立った。
 最初の打席で同じくゴロの中前打を放ち、反撃の口火になった。四回には同点に追いつく二塁打を左越えに放ち、八回には決勝の適時打=写真=を同じく左越えに放った。「自分のせいで勝ち越されたので取り返したかった」という。八回表、勝ち越しの適時打を打たれた場面で、自分の判断で三塁寄りに守備位置を変えたところ、逆を抜かれた。定位置で守っていれば取れたかもしれないことが悔しかった。だから、その裏打席が回ってきたときは「何としても走者を返したかったので初球から思い切り振った」。
 試合後、グラウンドを出ると感極まって涙が出た。「監督さんを甲子園に連れて行ける」手ごたえがうれしかった。だが「ベスト4はうれしいけど、目標はあくまで優勝して神宮に行くこと」とすぐに気持ちを切り替えていた。

【熱戦フォトグラフ】
111025大分盗塁アウト_035
2回表大分無死一塁、送りバントを仕掛けるも平藪の好フィールディングでフォースアウト。遊撃手・平藪

111025神村1点目1_035

111025神村1点目2_035
3回裏神村二死二塁、田中が中前適時打を放ち、二走・二河が生還、1点を返す

111025神村2点目_035
3回裏神村二死二塁、平藪の右越え二塁打で2―3と1点差に迫る

111025神村本塁アウト_035
4回裏神村一死一三塁、一走・中園が一二塁間で挟まれる間に三走・瀬口が本塁を狙うも好返球でタッチアウト。捕手・内山

111025神村三盗_035
4回裏神村二死一二塁、二走・中園が三盗を決める

111025神村3点目_035
4回裏神村二死一三塁、二河が左越え二塁打を放ち、3―3の同点に追いつく

111025神村5点目_035
4回表神村二死二三塁、新納の二ゴロが敵失を誘い、5―3と勝ち越す

111025神村柿澤_035
八回からリリーフで好投した柿澤

111025神村6点目_035
八回裏神村一死二塁、中野が左中間二塁打を放ち6―6の同点に追いつく

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/473-1ba62ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック