鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
新卒者内定率(奄美新聞掲載記事)
就職内定率に改善の兆し
前年同月より3ポイントアップ・来春高卒予定者


 鹿児島労働局は25日、来春の高校卒業予定者の今年10月末時点における就職内定率を発表した。内定率は64%で、前年同月の61%を3ポイント上回った。このほか、大学(49・8%、4・1ポイント増)、短大(23・6%、5ポイント増)、専門学校(98・7%、4・7ポイント増)の新卒予定者の内定率も前年を上回っており、リーマンショック以降の厳しい雇用情勢で一昨年、昨年と低迷していた新卒者の就職内定率に、改善傾向がみられることが明らかになった。

 労働局の発表によると、高卒の就職希望者4368人に対して、10月末時点での内定者は2797人だった。中でも県内就職希望者の内定率は56・2%で昨年同月を6・2ポイント上回った。また県外希望者も、求人数が東日本大震災の影響などで主に関東方面の求人が減少している中で、73%の1・7ポイント増と健闘している。この要因について労働局は「震災の影響で、就職環境が厳しくなることを見越して、学校現場の関係者が危機感を持って早めの対策に取り組んだことが、功を奏しているのではないか」としている。
 県では昨年より「鹿児島新卒者就職応援本部」を設置し、県、労働局、ハローワーク、大学、経済界などの就職担当者が連携し、雇用情勢の改善に取り組み始めた。大学、高校などにジョブサポーターを派遣したり、新卒応援ハローワークを設置するなどして就職支援体制を強化。また、新卒者を積極的に雇用した事業主に奨励金を創設するなどの対策を講じた。労働局の源田弘之・就職安定課長は「依然として厳しい雇用情勢は続いている。今後も内定率100%を目指して、各機関と協力して支援に取り組んでいきたい」と話していた。

111125就職応援会議_035
労働局など各機関の関係者が集まって、新卒者の内定率向上について話し合った「鹿児島新卒者就職応援本部会議」=25日、鹿児島労働局
スポンサーサイト

テーマ:就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2011/12/17(土) 12:16:29 | URL | 履歴書の添え状 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
書き込み、ありがとうございます。「魅力的な記事」。う~ん、実に響きの良い褒め言葉です。
またぜひ遊びに来てください!
2011/12/18(日) 03:43:05 | URL | つかさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/493-fe417353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック