鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
クラウドシステム展示会
「クラウド」をビジネスに役立てよう
クラウドシステム展示会in鹿児島

120120クラウド_035
 「IT改革のためのクラウドシステム展示会in鹿児島」が1月20日、鹿児島市新屋敷町の県住宅供給公社ビルであった。

 「クラウド」とは、これまで企業や個人が自前で整備していたハードウエア、ソフトウエア、データなどを、外部のデータセンターに置き、利用料金を支払い、インターネットを通じて利用するシステムのこと。商品の製造・販売の管理、電子カルテの作成・管理、社内のグループウエアの構築など幅広い分野に応用が可能で、自前でシステムを構築するよりも低コストですみ、安全性、リスク管理の面でも大きなメリットがあり、近年急速に普及している。国内で様々なクラウドシステムを提供している日本事務器と、NECパーソナルシステム南九州が主催した展示会には、県内を中心に企業や医療機関など約80団体のシステム担当者らが訪れ、熱心に見学していった。
 ミニセミナーでクラウドの概要を説明した日本事務器の平山宏・クラウドサービス事業推進部長は「例えていうなら、各社の持つサーバーやソフトウエアなど、これまで自分の家の『金庫』で管理していたのを、信頼のおける『銀行』に預けてみませんかという提案。データセンターが普及すればより低料金での利用も可能になる」と話していた。
スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/533-17d08604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック