鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
県議会で大島紬製品着用(奄美新聞掲載)
大島紬製品着用で本会議
「身の引き締まる思い」

議会・紬01_035
 3月定例県議会の一般質問初日が27日にあり、伝統工芸産業振興議員連盟(永井章義会長)の議員ら21人が大島紬製品を着用して、本会議に臨んだ。

 同連盟は、大島紬をはじめとする鹿児島の伝統工芸品産業の発展、振興を目指す超党派の議員(44人)で構成されている。06年3月の本会議で大島紬を着用して以降、常任委員会で薩摩焼湯飲みを使用するなど、伝統工芸品の良さをPRする活動をこれまでに7回行ってきた。
 この日、大島紬を着用して一般質問に臨んだ永井議員は「身の引き締まる思いがする。日本人として大切なものを思い出させてくれた」と感想を話し「今回、21人の方が紬製品を着用してくれたのは、伝統産業を取り巻く環境の厳しさの中で、危機感を共有しているという思いの表れ。課題解決に全力で取り組みたい」と語っていた。

議会・紬_035
大島紬を着て一般質問に立つ永井議員(前)。後ろは金子議長

スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/565-43692daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック