鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
JAC初の女性パイロット(奄美新聞掲載)
JAC初、女性パイロットが初フライト
「お客身近に感じた」
濱田さん

120303女性パイロット000_035
 日本エアコミューター(JAC)に初の女性パイロットが誕生した。濱田江梨さん=写真=(29)はひな祭りの3日、鹿児島―奄美大島、鹿児島―徳之島の往復4便に副操縦士として搭乗。「緊張したけど、安全にお客様を運ぶことができてホッとしています」と夢のスタートラインに立った感想を話した。

120303女性パイロット003_035
 宮城県出身の濱田さんは、琉球大在学中、何度も飛行機を利用して客室から空を眺めているうちに「空の仕事をしたい」と思うようになった。中でも「客室からではなく、目の前で空を見てみたくなった」とパイロットを志した。大学卒業後に航空大学に入学し、10年9月にJACに入社。7年間の「修行」を経てこの日の「パイロットデビュー」を迎えた。
 副操縦士は、機長のサポート役として計器類を確認したり、管制塔との連絡などを担当する。濱田さんの教官でもあった諸橋史典機長(37)は「緊張していたけど、落ち着いて仕事をこなしていた。良いパイロットになれそう」と評価した。
 4便目の徳之島から鹿児島への便は、実際の操縦も担当して離着陸も経験した。初めて操縦席から見た感想は「曇っていたけど、雲を抜けるときれいな海や空が広がっていた。徳之島では多くの人が見送ってくれて、お客様を身近に感じました」と言う。
 JACには193人のパイロットが所属。JALグループ全体でも女性パイロットは13人しかいない。今後は5―7年、副操縦士として経験を積み機長を目指す。濱田さんは「今後は女性もパイロットを目指せるような環境づくりもしていきたい」と「パイオニア」としての意気込みを話していた。

120303女性パイロット001_035
スポンサーサイト

テーマ:女性必見★ - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/572-2e61c864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック