FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
上原(鹿女子)が日本代表へ
上原(鹿女子)が日本代表
アジアクロカンへ
「鹿女子の誇りを持って」

120310上原002_035
 2012アジアクロスカントリー選手権(3月24日、中国・重鎮)に出場する日本代表選手がこのほど発表になり、鹿児島からは上原美幸(鹿児島女高)=写真=がジュニア女子(6㌔)の代表に選ばれた。高校1年にして初代表選出の快挙に「鹿女子の誇りを持って、持ち味の積極的な走りで入賞目指して頑張りたい」と意気込みを語っていた。
120310上原004_035
 身長153㌢とチームの中でも1、2を争う小柄な選手だが、小ささを感じさせないストライドの大きな走りと、積極的に前に出る気持ちの強さが持ち味。昨年8月のインターハイでは得意の1500㍍では予選落ち。「いつもスタートから前に出るのに、100㍍走っただけでトップの選手に10㍍も前に出られた」と初めて「全国の壁」を体験した。それでも南九州予選6位通過の3000mでは予選から全力で飛ばし、組1位で決勝へ。決勝は最後尾からのスタートだったが、「あきらめずに1周で2人ぐらい抜く感じ」で粘り、入賞まであと一歩となる9位と好成績を残した。「ライバルの神村学園の選手に初めて勝てたことで自信になりました」。
 その後は九州新人3000㍍優勝、県高校駅伝、九州高校駅伝ではともに1区を走って区間新をマーク。1月の都道府県駅伝では1年生にして1区という大役を任された。2月の千葉国際クロカンでは3位、福岡国際では並み居る強豪を抑えて、序盤からトップでレースを引っ張って優勝と好成績を残し、初代表の座を射止めた。
 この1年間の「快進撃」に「自分でも信じられない。指導してくれた立迫(俊徳)先生や支えてくれた仲間のおかげ」と感謝する。「練習が楽しくて、陸上が好きという気持ちを大事にしてもらえた」と言う。立迫監督は「もともとしっかりした力を持っていた選手。福岡で結果を残せたのは気持ちと身体のコンディションをしっかり大会にもっていくことができたということ。この1年間でより高い目標を目指して頑張る選手になった」と評価する。初のアジアの舞台へは「いつものように自分の力を出し切るレースをしてきて欲しい」と期待していた。

スポンサーサイト



テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/580-238107b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック