鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第1回奄美群島成長戦略推進懇話会
国や県との「架け橋」に
成長戦略懇話会

120420成長戦略懇話会_035
 第1回奄美群島成長戦略推進懇話会は4月20日、鹿児島市の市町村自治会館であった。志学館大の原口泉教授を座長に各島代表の市・町長、有識者ら16人の委員が先日まとめられた「奄美群島成長戦略ビジョン」の素案について、活発な意見交換を行った。座長の原口教授は「次期奄振なども見据えて国や県と、奄美をつなぐ『架け橋』になる会ができた」と今後の活動に期待を寄せていた。

 国の奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)や県の振興開発計画などは、これまで奄美群島のインフラ整備などに貢献した一方で、必ずしも地元の要望を反映したものとはいえなかった。懇話会は、今後の奄振や振興開発計画などに、群島の市町村がより主体的に関わっていく「架け橋」(原口教授)としての活動が期待される。
 今回の戦略ビジョンでは、群島内の雇用創出に重点を置き、「農業」「観光」「情報」に加えて、他地域との差別化を図るための「文化」、必要な人材を誘致する「定住」の5つの分野について、基本計画と実施計画を策定する。今年度中にビジョンを策定し、現奄振の期限となる2013年度中に基本計画、実施計画を策定する。
 この日の懇話会では、事務局が提出した骨子案について、各委員が意見、要望などを出し、活発な討論になった。「ビジョンの中には『教育』も入れるべきではないか」(高岡秀規・徳之島町長)「島内にいる人だけでなく、島外から来た人も活躍できて、ともに幸せを感じられるイメージが作れないか」(金子万寿夫・県議会議長)「『職』を作らないことには、文化も定住もあり得ない。小さなことでもいいから、コツコツと拾い上げて支援できる体制を作って欲しい」(英辰次郎・東京奄美会会長)といった意見が出された。
 第2回の懇話会は、5月19日に奄美市である。

スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/622-8a557896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック