FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
第42回県中学春季選抜野球大会第1日(奄美新聞掲載)
小宿・久志合同、県大会初勝利!
亀津もベスト8へ

120428小宿勝利_035
【1回戦・小宿・久志合同―東谷山】最後の打者を三振で打ち取って仲間と喜び合うエース朝野(右から3人目)=県立鴨池

 第42回県中学校春季選抜野球大会第1日は4月28日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で1回戦8試合があった。奄美勢は初出場の小宿・久志合同が、東谷山を2―1で下し、県大会初勝利を手にした。亀津も逆転で育英に勝利し、ベスト8に勝ち残った。
 第2日は29日、両球場で準々決勝、準決勝があり、小宿・久志合同は中央と、亀津は喜入とそれぞれ対戦する。


=奄美関係分成績
◇1回戦(県立鴨池)
小宿・久志合同 000 020 0=2
東  谷  山 000 010 0=1
(小)朝野―朝井
(東)吉國―鮫島
◇1回戦(鴨池市民)
亀 津 000 030 0=3
育英館 010 000 0=1
(亀)福田―東
(育)藤田―上囿
・本塁打 眞形(亀)
・三塁打 重原(亀)

はつらつ、元気に初勝利
「頼もしく思えた」今村前監督
小宿・久志合同

120428小宿2点目_035
 小宿・久志合同が持ち味を随所に発揮し、合同チームとしては初出場の県大会で見事初勝利を手にした。勇智士監督は「今村前監督の教え通り、鴨池球場でも伸び伸びと自分たちの野球をやり切ってくれた」と選手の頑張りを称えた。
 東谷山は好投手を擁する鹿児島市内の強豪だが「気持ちで負けていなかった。打者は当てにいくのではなく、しっかり振り切れていた」(勇監督)。五回の先制点の場面は、内野安打、送りバント、セーフティーバント、盗塁と、当たりは良くなくても粘り強いプレーでチャンスを広げ、当たっている2番・作田=写真=のタイムリーで奪ったものだった。「仲間を信じて、元気良く、気持ちを大きく持つことを心掛けた」のはエース朝野翔生。五回に1点は失ったが、気迫の全力投球は最後まで途切れなかった。
 部員は11人と少人数だが、声を絶やさず、グラウンドでは全力疾走を心掛け、はつらつ、元気なプレーが印象的だ。「それが前監督の教えですから」と勇監督。この3月まで合同チームを指導して鹿児島市内の皇徳寺に転勤になった今村慎吾前監督は「1カ月ぶりに見たけど、子供たちが成長していて、頼もしく思えた」と喜んでいた。


【熱戦フォトグラフ】
120428中学1_035
3回表二死一塁、山田が二盗を決める
120428中学2_035
3回表二死二塁、山田が三盗を決める
120428中学3_035
120428中学4_035
120428中学5_035
5回表二死二、三塁、作田の中前適時打で三走・永田、二走・山田が生還、2点を先制する
120428中学6_035
力投するエース朝野
120428中学7_035
5回裏二死二塁、下山の左前適時打で二走・竹田が生還、1点を返す
スポンサーサイト



テーマ:中学軟式野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/634-4c021afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック