鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第21回
足掛かり
120308薩摩中央2点目_045
崎山が四球を選び、押し出しで三走・富満が生還。この試合、初めて薩摩中央がリードを奪う

 「ピンチの後にチャンスあり」とは言い古された表現だが、六、七回裏の薩摩中央の攻撃は、まさに序盤からのピンチを耐え忍んで、つかんだチャンスを一気にものにして勝利への流れを決定づけた。その足掛かりになったのが六回裏だった。
 先頭の小がライト前ヒットで出塁する。チーム2本目のヒットがようやく出た。宮脇は内角低めをバントしたが、一塁方向への小飛球。「捕られるか」と焦ったが、うまく一塁手の前に落ちて小を進めることができた。
 「小はチーム一足が速いのでコースを狙うか、打球を殺せば二塁に行けると思っていた。フライになって焦ったけど、結果的に失敗じゃなかったのでホッとしました」(宮脇)。

120306薩摩中央1点目1_045
 西之園の二ゴロで二死三塁。初回は四球、四回は三振だった4番・富満は「自分も捕手だから、塁が空いていれば厳しいコースを突いてくるのは分かっていた」。厳しいコースは見逃し、際どいボールはカットして「三振だけはしないように、走者を進める打撃を心掛けた」。3ボール2ストライクから2球ファールで粘り、四球を選んでチャンスを広げている。初回の「手が出ない」四球とは明らか意味合いが違っていた。続く5番・原優介が真ん中に入ってくるスライダーを、遊撃手の頭を超えるライナーで弾き返し=写真=、まずは同点に追いついた。
 序盤は全く手が出せなかった野田だが、この日の主審が厳しいコースをボールと判定する傾向は薩摩中央も読めていた。

 「変化球は、外は見送ればいいし、肩口から入ってくるボールだけを気をつければいい。だから原は身体が開かずに打てたと思います」

 神村は言う。原が打った適時打は甘いコースに入ってくる変化球をうまくセンター方向に弾き返した理想的な打撃だった。6番・萩木場拓未は初球のスライダーをレフト前に弾き返し、この試合唯一の連打を放って満塁とチャンスを広げる。崎山は一度もボールを振らず、四球を選び、押し出しでこの試合初めて鹿実からリードを奪った。
 「ひょっとしたらストライクだったかもと思ったのは1球ぐらい。あとは明らかなボール球でした」と崎山。ベンチの神村は、ボールがミットに収まった瞬間、迷わず一塁に歩いて行った崎山の姿をはっきり記憶している。野田が明らかにおかしくなっている確信をつかみ、試合は大きな明暗を分ける七回の攻防へと進んでいく。
(続く)
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/639-e43e5964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック