鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
12南九州陸上第3日
松田(鹿児島)が7m超え・男子走り幅跳び
女子八百は岸良(神村)が混戦制す
120616男子幅跳び_035

120616女子八百1_035

120616女子五千競歩2_035
 2012年度全国高校総体陸上南九州地区予選会第3日は6月16日、宮崎市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 男子走り幅跳びでは1年生の松田敬佑(鹿児島)=写真上=が6回目で7m08を跳んで優勝した。鹿児島勢6人が全員決勝進出した女子八百は、2分16秒台に7人が並ぶ大混戦=写真中=だったが、岸良美周(神村学園)が制し、2位・木結加(鶴翔)、3位・前野原瑠衣(神村学園)、6位・軸屋由貴(鹿児島女)の4人がインターハイを決めた。女子五千競歩は立山優惟(鹿児島女)=写真下=が制したほか、男子二百準決勝では橋元晃志(川薩清修館)が21秒09(-0・6m)で22年ぶりに大会新記録を塗り替えた。


※成績の詳細はこちらへ!
120616男子幅跳び1_035

120616男子幅跳び2_035
男子走り幅跳び ①松田敬佑(鹿児島)7m08 ③本村旬(甲南)6m96
再び「ライバル」に挑む舞台へ・松田

 ルーキー松田が苦しみながら男子走り幅跳びを制した。
 中学時代、ジュニア五輪や全中などの大舞台も経験しているが「高校で最初の九州大会の雰囲気に戸惑」い、1、2回目は「足が合わなくて」ファール。3回目で6m66を跳び、辛うじて5番手で決勝に残った。跳躍力には自信を持っており、助走を少し下げて4回目に臨んだが、またしてもファール。中江寿孝監督は「7mを超えていたから自信を持って行け!」と檄を飛ばす。5回目で追い風にも乗って6m98を跳び、トップに立つと「早く跳びたくて仕方がなかった」最終試技で7mを超えた。5回目までの追い風も収まり「スピードにも乗れていないように思えた」(中江監督)が持ち前の跳躍力で初の7mジャンプをやってのけた。
 「ジュニアユースに出られる7m05を跳んで、また間中と勝負したい」
 前夜のミーティングで松田はそう語った。間中太亮(日大豊山・東京)は中学時代からのライバル。中1でジュニア五輪を制した松田だったが、2年で間中に敗れて以来、ライバルの背中はどんどん遠くなっていった。間中が前日の関東大会で7m15を跳びジュニアユース出場を決めたことが闘争心をかきたてた。最後の試技で両方の目標をクリアして笑顔が弾けた。
 「全てがかみ合えば7m20ぐらいは跳べる」と中江監督。松田は「中江監督が思っている以上の記録を出せるように頑張りたい」とルーキーらしく大胆な夢を語っていた。

女子八百 ①岸良美周(神村学園)2分16秒01 ②木結加(鶴翔)2分16秒31 ③前野原瑠衣(神村学園)2分16秒60 ⑥軸屋由貴(鹿児島女)2分16秒84
「トラックの格闘技」の醍醐味・女子八百

120616女子八百2_035
 八百や千五百は時に「トラックの格闘技」と言われるほど、激しい争いになることがある。鹿児島県予選を勝ち抜いた6人全員が決勝に進んだ女子八百決勝は「格闘技」の醍醐味を伝えてくれた。
 レースは矢野(宮崎商)が積極的に序盤から引っ張り、残る7人がついていき、最後まで集団が崩れなかった。岸良、前野原、飛松の神村勢3人は2番手につけていた。岸良は予選では序盤から引っ張りながら最後に逆転されて4位に沈み、タイムで拾われた。その反省を生かし「ラスト100mで勝負」と決めていた岸良が第4コーナーで前に出る。高木、前野原がこれに続き、軸屋も外側から追い上げ、ゴールは横一線の混戦に。2分16秒台に7人がひしめく中、1年生の飛松が0・11秒差、同じく1年生の立山(鹿児島女)が1秒35差で涙をのんだ。
120616女子八百_035
 泣き崩れる1年生を前に岸良も「できれば3人でインターハイに行きたかった」と複雑な心境だ。神村の有川哲蔵監督は「こんな展開で先頭を引っ張るのは勇気がいる。宮崎の子が最後まで粘ったのがすごい」と前野原と同タイム、着差なしで3位に滑り込んだ矢野の健闘を称えていた。その上で「岸良は1年から八百に出ており、前野原は1年生だけど、全中などの経験があり、飛松は初めて出た選手。駆け引きなど経験の差が勝負に出た」と振り返っていた。

120616女子五千競歩1_035
女子五千競歩 ①立山優惟(鹿児島女)23分49秒17
「インターハイまでに改善したい」・立山

 県予選と同じく、立山が2位に1分38秒差つけての圧勝レースだったが「粘り強さが足りなかった」と悔しがった。
 県予選では最初の1000mを4分30秒とハイペースで入りながら、2000m以降ペースが落ちたことを反省し、4分46秒と抑え目に入った。中盤以降もペースは4分46、7とイーブンでいけたが、気温と湿度の高さもあって逆にペースを上げきれなかった。
 目標に掲げる昨年の大中原(神村学園)に続く同種目鹿児島勢制覇に向けては、入りでスピードを上げつつ、中盤以降もペースが落ちないレースをするという課題が明確になった。「県総体から九州までの2週間では課題が克服できなかったけど、インターハイまでまだ1カ月以上あるので課題を改善していきたい」と誓っていた。

120616男子八百_035
男子八百 ②山下拓海(鹿児島商)1分57秒52

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/692-4ce7ab87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
松田(鹿児島)が7m超え・男子走り幅跳び女子八百は岸良(神村)が混戦制す 2012年度全国高校総体陸上南九州地区予選会第3日は6月16日、宮崎市の県総合運動公園陸上競技場であった。 男子走り幅跳びでは1年生の松田敬佑(鹿児島)=写真上=が6回目で7m08を跳ん...
2012/06/20(水) 05:06:50 | まとめwoネタ速neo